起業アイデアの出し方とは?!最適なアイデアの考え方。

起業したいけど何をしたらいいかわからない人って多いですよねー。

スペシャリストはやりたいことが明確だ。

やりたいことが明確な人と、わからないって人に分けられるんです。

明確な人っていうのは、スペシャリストな人が多いです。

例えば、ダイエットの専門家とか、集客の専門家とかですね。

僕なんかは最初はHP制作やイベントで起業して、集客に成功したから集客に強いコンサルにでもなるか〜って感じだったんですけどね。

何をすればいいかわからないって人は、そもそも専門領域がないケースがほとんどですね。

そういう人がどうすればいいか?っていうと、道は2つあるんです。

ひとつは、専門領域を作ること。
そしてふたつめ、専門領域がなくてもやれることをやること。

専門領域がなくてもやれることって、例えば転売とかが上げられますね。

まあ商品について知識が豊富ならなおいいんですけど、別になくても勉強しながらできますからね。

どちらにしても、僕は専門領域というか、自分はこれがやりたい!ってことをひとつ見つけるのがおすすめです。

起業アイデアを考える時は

1,自分が好きなこと
2,できること
3,価値のあること

の3つから考えるんです。

今は特に専門性がなくても構わないので、とにかく好きなことを棚卸しします。
好きなこととかやりたいことですね〜。

次に、それをできるようになるにはどうしたらいいか?を考えます。
自分が専門家になるためにはどうすればいいか?とか
どうしても自分ができないなら、専門家の人とユーザーをつなげるプラットフォームを作るとかやり方は色々ありますからね。

元々専門家としてできちゃう人ならここはクリアですね。

できないならアイデアを出すべきです。

3つめに、価値。

お客様に届ける価値をいかに高めるかです。

例えばダイエットをコンテンツにするなら

どうすればお客様が痩せるのか?健康的に痩せるのか?短期間で痩せるのか?痩せるだけじゃなくて肌もきれいになっちゃうとか、付加価値があるのか?など。

この3つをクリアすれば、起業アイデアとしては合格だと思います。

ただ、逆に集客ありきで考えるのもひとつの手です。

例えば僕は、最初はホームページ制作で起業をしたんですけど

ホームページ作ってくれない?っていう経営者が多かったから
「あ、これはすぐ仕事になるわ」って思ってはじめたんですよね。

はじめに集客ありきだったんです。

そこから、どうすれば価値のあるホームページ制作ができるかな?とか考えたんですよね。

まず集客ありきで

その仕事が好きかどうか?
自分にできるかどうか?
価値は?

についての3ステップを踏んでもいいわけです。

でも、本当に好きなことなら、集客はどうするか?ってよくわからなくても

自分にできて、価値のあるコンテンツが作れるならはじめていいと思います。

つまり、集客に関して3ステップの前にあってもいいし、後にあってもいいんだと思います。

僕は集客で苦労したくないんで、3ステップの前に集客ありきでしたね。

集客に強いコンサルになったのも、確実に需要があってお客さんが取れると確信したからです。

あ、でもイベントだけは集客は後でしたね。
そのためめっちゃ苦労しました笑

そこで苦労した経験があるからこそ、集客で苦労したくねーなーって気持ちが強いのかもですね〜。

関連記事

  1. お金のために正直にお客さんを集めるには?

  2. ビジネスで成功したければ、まずは自分が良い客になることだ。

  3. なぜ?を考えてみよう。

  4. 起業とは、本来のあなたに戻ることです。

  5. 隠れ名店を見つける達人は、起業でも成功する!

  6. 結局、悪口を言われる人が最強。

  7. アコギなことをしないほうが、結局稼げる。

  8. 本質の時代になっている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加