いつまでも「我慢が美徳」では成長しない。

平成っていうのは「我慢と苦労が美徳」の時代だった。

「涙の数だけ強くなれるよ。アスファルトに咲く花のように」

「負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事 」

これが平成の価値観でした。
でも、もういい加減

我慢と苦難の先に幸せはないってことが日本人にも分かってきた。

ブラック企業で過労死やうつ病になるまで我慢するくらいなら投げ出して逃げ出したほうが良いってこともいい加減分かってきた。

今でも40代のビジネスパーソンには我慢教の信者が結構いて

・楽をしてはいけない
・がんばるヤツが偉い(結果よりも)
・効率化はサボり

という価値観で疲弊しているし、下の人間も疲弊させている。

やたら冗長で長い丁寧なメール
やたら詳細でぎっしり詰まった資料
やたら長い残業

こんなものが偉いと思ってるし、仕事ができる人間ってのはそういうもんだと思ってる。

一方、ある意味で社会からドロップアウトした人間たちはいわゆる『ネットビジネス』という怪しい領域で大金を稼いでいた時代でもあった。

一般的な「まっとうな人たち」が非効率な努力で疲弊している間に、
彼らはインターネットという新しい武器を駆使して、自宅で、自動化を極めて大金を稼ぐ仕組みを作った。

平成も終わりに差し掛かり

 

これからやってくるのが

『ネットビジネス的なノウハウとリアルビジネスの融合』
だと思うし、
実際にそうした活動を行っている人もいる。

僕も今年に入ってからは積極的にネットビジネス系のノウハウを買って自分の仕組みに取り入れている。

おかげでだいぶ効率化&自動化されて楽になった。

我慢が美徳だった時代よりもずっと豊かな
新しい時代が来ていると思う。

成幸する無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. コンサルを受けて【結果が出る人】【出ない人】の違いとは?

  2. 新しいことにチャレンジできないのは執着があるから。

  3. 豊かじゃない人が提供する商品って魅力がないよね。

  4. 貴族的時代の到来

  5. 自分だけでなく、周りのステージを上げることが大事

  6. 我慢をやめると成功する?

  7. 自己啓発やスピリチュアル界隈に蔓延する「ポジティブ信仰」

  8. コンプレックスの本当の克服とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加