起業家の器とは?

人には器があります。

・大勢を率いる器
・少数を率いる器
・ひとりで生きる器

別に大勢を率いる人が一番偉いわけじゃないし、ひとりで生きる人がショボいわけじゃない、現代においては特に。
ここに優劣はないです。

例えば与沢翼さんなんていうのは本人も「自分は人をまとめる人間じゃない、そういう適正はない」と言っているように

・ひとりで生きる器

なわけです。
今はドバイやタイに住んでいて、ひとりで広告業や不動産投資をしてめっちゃ成功されているわけです。

逆に孫正義さんなんかは大勢を率いる器なわけですよね。
ひとりだったらあんなに成功できなかった人かもしれないです。

大抵の失敗は自分の「器」に合わないことをやることから始まります。

個人で成功して、自尊心が大きくなって会社組織を作り始めて、マネージメントできずにコケるとか。

逆に、会社の中で管理職をやるのに向いていたのに脱サラしてひとりになって苦労するとか。

重要なのは自分の器を知ること。
僕の場合は少数のひとたちをまとめる器らしくて(診断によると)

まあたしかに今やってる交流会チームやYouTubeチームなど、少人数でワイワイ何かを作るのが楽しいし、人数が増えたら楽しめなくなると思う。

ひとりだったらあんなに楽しくてクオリティの高い動画は作れなかったし、交流会もひとりでさばくのはしんどい。

自分の適正はどこにあるのか?を見極めるのがほんと大事です。

己を知り敵を知れば…の己を知る部分ですね。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 成功する人は常にフラットです。

  2. 当たり前だけど商売の基本は【信用】

  3. 孤独の時代ではなく、本当の仲間に出会える時代になる。

  4. うまくいく時は流れに乗るだけで良い

  5. それはお客さんに意味があるの?

  6. 自己満足の言葉は金運を遠ざける!

  7. AIの時代=個人ビジネス最強の時代説

  8. でっかい夢なんかなくても成功できる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加