個人起業家の情報格差が開いてると思う。

個人起業家の格差がじわじわ開いていると思う。

今、これを認識しないとまずいですよ。

不誠実なヤツは隅っこに追いやられ
行動ができない人たちは同じく結果を出せない人たちで固まる。

結果を出せる人たちはお互いの信頼関係で固まっていき、
そのコミュニティの中で情報が流通したり、新しい仕組みが生まれてさらに豊かになっていく。

行動できない人、本気になれない人はぐんぐん離されていることに気づこう。

結果を出している人は誠実さをキープしよう、それが長い明日につながる。

不誠実な人は一発でアウトだし。
中途半端でふわふわしている人たちは同レベルで群れたがる。

いっぽうで

結果を出している人って絶対数が少ない分、お互いの仲間意識も強い。

信頼できるもの同士で情報交換したり、新しい仕組みを作ってさらに豊かになっていく。

不誠実な人、結果を出さない人ってのは徐々に良質な情報からブロックされていくんです。

情報っていうのは種類があって

ーーー

●無料情報ゾーン

・検索すればすぐに出てくるお手軽情報
・リサーチ力がないと見つからない情報
・土台となる知識がないと理解できない情報

●有料情報ゾーン

・低単価のゴミ情報
・高単価のゴミ情報
・低単価の優良情報
・高単価の優良情報

●つながりの情報ゾーン(有料・無料)

・誰かからもらったゴミ情報
・誰かからもらった詐欺情報
・誰かからもらった優良情報
・誰かからもらった神情報

ーーーー

このうち、売れない人ってのは

・低単価のゴミ情報
・誰かからもらったゴミ情報
・誰かからもらった詐欺情報

こればっかり必死で取りに行く。

売れる人ってのは

・検索すればすぐに出てくるお手軽情報
・リサーチ力がないと見つからない情報
・土台となる知識がないと理解できない情報
・低単価の優良情報
・高単価の優良情報
・誰かからもらった優良情報
・誰かからもらった神情報

これらを積極的に取りに行く。

ただし、ある程度のステージにいかないと

・誰かからもらった優良情報
・誰かからもらった神情報

この2つは降りてこなかったりする。

高額情報商品ってのは時に叩かれたりするけど、

本来手に入らない情報をお金を得られる救済処置だと思ってる。(クソ情報もあふれてるけど)

 

関連記事

  1. 生きる次元の二極化が進んでいる。

  2. ポジティブ思考だけだと実は成功しない件

  3. 隠れ名店を見つける達人は、起業でも成功する!

  4. 成功したいなら「かもしれない」は厳禁

  5. 売れても消える人の特徴、売れ続ける人の特徴

  6. 豊かになるのもダメになるのも、実は生き方の問題

  7. 【成功しない人は常識はあるけど○○がゼロ】

  8. 「罪を憎んで人の憎まず」の本当の意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加