好きなことで起業をする必要は全くない。

『自分のミッションとか、好きなことで起業しなければいけない』という呪縛にハマってる人が多いように見える。

たしかにミッションに合っていること、好きなことをやっていくのはそれはもう正解だし、僕もそうしてるんだけど、
 

起業初心者が最初から「好きなこと・ミッション」にこだわると泥沼に足を取られることが多い。

・本当に好きなことなのかわからなくなった
・好きなことやミッションが見つからない、見つかったと思ったけど違う。

こういう泥沼にずーーっとハマって動けない人がたくさんいるし、
好きなことだから、ミッションだからといって自分がやれないことをコンテンツにしてしまってる人も多い。

モテないモテコーチや稼げないコンサル、メンヘラカウンセラーがその典型例。

そういうのは自信がないから売れないし、売ることに罪悪感があるから売れない。

 
そういうのは全部『好きなこと・ミッション』をしなければいけないという

【ねばならない】

があるからなんです。

 
別に最初はやりやすいこと、利益になりやすいことでいいんですよ。

例えばフルタは最初、web制作から始めたんですけど

やれるし、単価高いし、仕事があったからやっただけなんです。
そこで実績が出たからコンサルやって、コンサルをしていくうちに生徒さんの人生が変わることに生きがいを感じるようになって今があるわけで。

最初から「ミッション」とかぜんぜん意識してなかったです。

そもそも「来月の家賃どうしよう」からはじまったんですよね。笑

とはいえ、僕の場合は高校生の頃から【経営】にあこがれていたので、自営業自体が好きなことではあります。
 

高校生の頃、通っていた空手道場の先輩で会社経営者の人がいて
めちゃめちゃお世話になってたんですが

ラーメン屋に飯食いに連れてってもらった時、
その人、ラーメン屋のポケットティッシュ7個くらい掴んでったんですよね。笑
 
「俺、こういうところでケチなんだよな。笑」

と言っていたのですが

ビジネスではめっちゃ大胆に投資しまくっているのを知っていたので
(ビジネスでじゃんじゃん投資して、実生活でケチる、これが経営者マインドなんだろうなあ、かっこいいなあ・・・。)
と思ったのです。

 
そういう原体験から、経営にはずっと憧れがあったし自分もそうなるんだろうなあと漠然と思ってました。

 
また、その先輩の背中を観ていたおかげで、稼いでも実生活で無駄な贅沢をせずにいられています。

 
贅沢をしなくても楽しめる生活をすると、心が豊かになるし、心が豊かになるから金銭的にもさらに豊かになっていく。
ポジティブスパイラルなんですよね。
 
 
ちょっと話がずれましたが、必ずしも好きなことで起業する必要はまるでありません。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 集客を学べば学ぶほど女性客が遠のく理由

  2. 変化を喜ぶと成功する。

  3. 馬鹿にされていたものが世界をひっくり返す。

  4. 起業して続く人と消える人の違い

  5. 突き抜ける人は一点集中?

  6. 女性が起業で成功する条件とは?

  7. 謙虚さを失ったらダメだな〜と思ったハナシ

  8. 起業塾で結果が出ないのはあなたのせいじゃない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加