ビジネスは人間力が必要だと思う。

やっぱり売れる人の条件に【人間力】ってのがあると思う。

これは様々な経験をしたり
たくさん本を読んだり
たくさんの人と接して、人間関係で悩み、恋愛をして悩み、
競争して、挫折して、成功して、挫折して、成功して。

こういう厚みのある人生を送った人にこそ付いてくるものだと思う。

色々な間違いや、争い、後悔も経験したほうが厚みが増すので、若い人に最初っから「競争はいけない」「争いはダメ」などと教えるのは違うんじゃないかなと思う。

あとはどれだけ真剣に生きてきたかだよね。
海外を歩いて回っても薄っぺらい人もいれば
部屋の雑巾がけをするだけで多くを学んで成長する人間もいる。

この人間力が足りない人は、ビジネスだけをやってたらあかんと思う。

自己啓発やビジネス書しか読んだことのない人はやはり薄い。
哲学や生物学など一見ビジネスとは関係ないように思われるような分野でも幅広く読んだほうが良い、小説も素晴らしい。

海外を歩いたり、ナンパしたり、スポーツやゲームを死ぬ気で極めてみたりするのも必要です。

ただ、中年になってしまうと「人間力の土台を作ろう!」と思い立っても、ビジネスをしなきゃいけないならそんな時間もなくなってしまうもんです。

だから、10代20代のうちに色々な経験をしたほうが良いというのは本当だと思う。
10代20代で何もせず貯金ばかりしてないで、
お金を使って経験を買ったほうが良い。

50代の1億円より
20代で100万使う経験のがずっと価値がある。

人間力を高めるために自己啓発セミナーに参加してみたり、何かのセッションを受けても
やっぱりこういうのはインスタントラーメンみたいにすばやく出来上がったりはしない。

いくら肥料や水を上げまくっても植物が育つのに一定の時間がかかるように、
女性が妊娠してから子供が生まれるまでに一定の時間が必要なように、

やはり人間的な厚みを得るためには時間がかかるものです。

どんなにすごい人に会っても。すごいセッションを受けても
すごいスピリチュアルパワーを受けても、これは原理原則だから覆せない。

もし、今のあなたに人間力が足りないと思うのなら、
今までしたことのないような経験をたくさんしたほうがいい。
でもそれは「何かのセッションやワークを受ける」という受動的なことじゃなくて、もっと能動的で何が分かるかわからないことをしたほうが良い。

受動的なことを経験しても厚みはでない。

旅行に行くならツアーに参加するんじゃなくて、
独りで無計画で行ったほうが良い。

パッケージ化された経験に厚みはない。

真剣に生きて、たくさん経験をしよう。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスノウハウ』をプレゼント中
友だち追加

関連記事

  1. 起業したい人はまず何をすればいい?起業してる人が解説。

  2. コンテンツで悩まないポイントとは?

  3. だれといるか?で成功が決まります。

  4. 成功するためにはあなた本来の力を取り戻す必要がある。

  5. ステージアップのための出来事に気づく。

  6. お金を引き寄せるコツ

  7. 人生経験豊富=人として成熟しているではない。

  8. 貧乏で成功できない人への処方箋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加