お金に困る人の3つの共通点とは?

常にお金に困っている人には共通点が3つあります、

それは…

・被害者意識

・他力本願

・怠け癖

 

ということ。

 

「買わされた」「騙された」「あの人が助けてくれなかったから」「元旦那がああだったから」「親がああだったから」「政治家が…」「社会が…」

 

ぜ〜〜んぶ人のせい、自分はいつだって被害者。

 

そして他力本願。

「無料で教えてくれないかな」「誰か助けてくれないかな」「社会がなんとかするべき」「国が助けるべき」

 

まるで口を空けてガーガー鳴いてるひな鳥。

 

そして怠け癖。

好きなことにすら一生懸命になれない。

 

そりゃ、どんなに社会が助けてくれても、優しい誰かが手を差し伸べてくれてもどうにもなりません。

 

社会が助けても

「補助金の額が安い!不公平!」

と不満を言い

 

優しい誰かが愛想を尽かして去っていったら

「裏切られた!」

と被害者顔。

 

さて、、、じゃあ成幸者になるためには?

 

簡単ですね、その逆を行けば良いんですね。

 

・被害者意識→自己責任!

・他力本願→自分が主役!

・怠け癖→好きなことに夢中!

 

うん、、、このほうがなんかワクワクするし楽しそうじゃないですか?

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. いつも同じことで困らせてくる人の『対処法』

  2. 爆発的エネルギーに乗って飛躍する方法

  3. ビジネスの運やチャンス、お金を逃してしまう言葉とは?

  4. ポジティブ病に注意

  5. 中途半端に古い本はマイナスだけど、古典やロングセラーはプラス。

  6. LINE公式がカルロス・ゴーンしてました。

  7. コンプレックスの本当の克服とは?

  8. アドバイスをするふりをして、邪魔をしてくるやつの対処法

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加