16歳で学んだマインドセットとは?

思い出話をします。

 

今日の話はうまくまとまらないんですが、

僕は16歳から武道を始めて

そこで始めて自分が変わったんですよね。

 

それまで努力をすることを知らなかったし、

成長することも知らなかったり、

挑戦しようとしてこなかったんです。

 

そんな時に知った人がいて、

60歳のボディビルダー。

 

筋トレを始めたのが40代の頃で、

病気のリハビリで筋トレを始めたのがきっかけだったそうです。

 

バーベルって、棒があって、左右に重りがついてるじゃないですか。

 

あれ、重りなしの棒だけの状態ですら

持ち上がらなかったそうです。

 

さすがにみんなに笑われたそうですけど。

 

もうね、完全に病気の人。

歩くのもやっとというか、自分の体重すら支えられない人。

 

「無理かも」

 

って思ったそうなんですが、

 

筋トレって不思議なんですよね。

 

自分が上がらない重さのバーベルでも、トレーナーや仲間に「いけるいける!」って言われるといける気がするし。

 

面白いのは

重すぎて全然上がってないのに

「少しずつ上がってるよ!動いてる動いてる!」

ってみんなに言われると

本当に上がり始めるんですよね。

 

人間ってスゴいなって思うし、これがコーチングなんだなって思います。

 

とにかくその人も

みんなに「いけるいける!」って言われてなんとなくその気になれて続けたんですね。

 

それで60歳の頃にはボディビル大会に出場するくらいになったんです。

 

その人の言葉で忘れられない言葉があって

それが

 

「ダメだったらダメだったでいいじゃないか。ダメだと思ってもだいたいのことはできるもんだよ」

 

失敗=落第

 

という学校教育の世界しか知らなかった僕には

ダメだったらダメだったでいい。っていうマインドは衝撃だったんですよね。

 

それから成功本や自己啓発本にハマるんですけど

 

「10回失敗しても1回成功したらお金持ちになれる」

「自分は専門知識なくても、自分より賢い専門家を集めればOK」

 

とか、色々なマインドセットを学んでいったんですね。

全部新鮮でした。

 

本を読むたびに自分の常識が壊される感覚が快感でした。

 

それが18歳くらいでしたかね。

 

「お金持ちになりたいと思った日からだいたい10年頑張ればお金持ちになれる」

って何かの本に書いてあって

 

「ああ、今18だから28には金持ちだなあ」

 

って思ってたんですね。

で、28の時は貧乏だったんですけど。

 

でも10年単位で成功を考えて行動するってめちゃ大事なマインドセットだったんだなって今になって思います、

その言葉のおかげで10年間諦めなかったんですから。

 

ということで、

色々な人や本の言葉に強く影響されてきた人生なんだなと思いました。

起業の成功率を30倍上げる動画セミナー、無料でプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 成功をする「続ける法則」

  2. あなたのステージが変わる時、人間関係が変わる。

  3. ポジティブ病に注意

  4. だれといるか?で成功が決まります。

  5. あなたの本当の望みに気づくと飛躍できる。

  6. 被害者マインドを捨てれば成幸できます。

  7. 豊かじゃない人が提供する商品って魅力がないよね。

  8. 人生を圧倒的に好転させる方法

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加