お客様以外は大切にしなくて良い。

今日は、優しいあなたにとても大事なお話をします。

それは、

  

【お客さんじゃない人の『良い人』にならなくて良い】

 

ということ。

 

優しくて与えることが好きな起業家と話していると

 

・お客様以外からの問い合わせの対応が大変

・「友達だから少し無料でやってよ」という言葉を断れない。

・「お金払わない人には冷たい」と思われるのが怖い。

 

という悩みを抱えている人が多いな〜と思います。

 

けど『良い人』っていうのは『都合の良い人』なんですよね。

 

都合の良い人になって人間関係を作っても、うまくいきません。

 

  

以前コンサルを受けてばかりの生徒さんに

「お金を払わないと教えてくれないの?冷たいですね。と言われるのが怖くて、ついつい対応してしまう…」という悩みを聞いた時に、

 

『お客様じゃなければ冷たいということは、お客様を大事にしているということなんです』

 

とお伝えしました。

 

本当に素晴らしい商品を持っているあなた。

本当に与えるマインドを持っているあなた。

 

そんなあなたを必要としているお客様はたくさんいるんです。

だから、お客様にだけフォーカスして欲しいんですね。

 

お客様というのは『お金』というエネルギーを与えてくれた人で、

そのエネルギーに最大限にお返しするのが

最高の近道であり、運を循環させる最高の行動なんです。

 

 

昔の江戸商人なんかは、お客様・お得意様だけを贔屓にするという文化がありました。

 

それが高度経済成長期の時代に『マニュアル』『マスマーケティング』というものがやってきて、

 

『とりあえず全員をお客様扱いして、従業員にペコペコさせとけばうまくいく』

 

という考えができてしまったんですね。

 

でも、もう原点回帰の時代です。

 

お客様だけを本当に大事にできる商人だけが豊かになれるんです。

関連記事

  1. セミナージプシーとスピリチュアルジプシー

  2. 本格的に女性の時代が到来します

  3. 成功するコツは他人の力を「シェア」させてもらうこと。

  4. 起業の世界から消える人・消えない人の違いとは?

  5. 成功するための黄金比は『2:8』

  6. 女性性の時代だからこそ『男性性』があなたを導く!

  7. ダメコンサルタントの秘密を暴露

  8. 突き抜ける人は一点集中?

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加