堅実、誠実は絶対生き残る。

ちょい固くて真面目な話します(でもめちゃ重要です) 

最近、潰れる会社の歴史を学びまくってるんですが

 

だいたい原因は決まっていて、

 

・利益を無視した売り上げ至上主義

・社長の自己顕示欲による無理な拡大

・社長の自己顕示欲による無理な投資や買収

・無理な出店の拡大

・そのうえ借金経営

・法令無視

・モラルハザード

・顧客を大きく裏切る行為

 

ズラッとこんな感じですね、

逆にこれ以外のケースって見つかりませんでした。

 

元々商品が売れないってところは歴史すら残らないですしね。

 

よく、成功する原因は様々だけど失敗する原因はパターンがあるって言いますよね。

 

だから失敗から学ぶと良いんです。

 

なぜこんな研究をしているかと言うと、

今の僕のテーマが【防御】だからです。

 

最近意識しているのは、

 

・税金関係は不備がないようにしておく

・契約書も不備がないようにしておく

・質を損なわず無理なく拡大をする

・顧客数が増えても問題のないシステム作り

・防衛資金としての貯蓄は蓄えておく

  

こんなところですね。

 

で、こんなことをやっている矢先に問題が起きたのです、

 

それは、決済システムとして使っているpaypalアカウントが凍結されたこと。

 

paypalなんてほとんど使っていなかったので完全に謎でしたが、謎のアカウント凍結が増えているようです。

 

もし、paypalをメインに使っていたら最悪でした。

 

実は、paypalの凍結の噂を聞いていたのでメインで使わないようにしていたんです。

 

まさに防御をしていたのが活きました。

 

paypalに電話をしましたが、

 

「なぜ凍結されたんですか?」

「総合的な判断です」

「どのように判断したんですか?」

「総合的な判断です」

「具体的にどこが問題だったんですか?」

「総合的な判断です、オペレーターには分かりません」

「詳細を教えて下さい」

「総合的な判断です」

「凍結されたら支払いもできないし困るんですけど、wifiの支払いもしているのでwifiが止まったら仕事ができません」

「paypalは数ある決済システムのひとつです、他をご利用ください」

「マジかよてめー」

 

という対応で、

 

しつこく食い下がっていたらマネージャーが出てきて、

書類提出をして調査をしてもらうという流れになりました。

 

で、僕が決済システムとしてメインで利用しているのは、

Coubicというサイトで、

 

レッスンやイベント、店舗などのお申し込みシステムです。

paypalがファッキンアメリカの大企業なのに対し、

Coubicは日本のベンチャー企業ですが、

 

トラブルや困った時はいつも真摯に対応してくれて、

何もなくても電話をくれて「困ったことありませんか?」と聞いてくれたり、

 

とにかく温かい会社です。

 
 

僕のコンサル生さんでもCoubicを使う人は結構します。

 

決済だけでなく、月謝支払いやメールの自動送信、

メルマガシステムや顧客管理システムまでついていて

 

イベントのLPなども作ることが出来ます。

 

ブログも書けるし、HPとして利用することもできます。

coubicはこちらです→https://biz.coubic.com/

ただし、coubicは現金払いはできないので(カード決済のみ)

現金が良い方は他のシステムを使いましょう。

LINEpayや楽天Pay、
stripe(だっけ?)とか色々ありますからね。
 

前半と話がだいぶそれてしまいましたが、

 

とにかく防御が大事ってことです!

 

堅実、誠実にいきましょ。

 

おわり

追伸、

調査の結果、paypalからは【永久凍結です】という旨の冷たいメールが一通来ただけでした、
結局どの規約に反していたのかは通話でもメールでも説明されないままです。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. あなたのライバルは2,3人くらいしかいない。

  2. 無駄な買い物をやめると豊かになる。

  3. 僕の資産量を公開します。

  4. エネルギーを10倍にして成功する方法

  5. 孤独の時代ではなく、本当の仲間に出会える時代になる。

  6. インスターセミナー開催しました。

  7. ステージが低い人の特徴

  8. お金の受け取り方を変えると、お金の流れが変わる。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加