成功したいなら「かもしれない」は厳禁

これは生徒さんにはよく伝えているんですけど、

 

「かもしれない」で終わらせたらいけないんですね。

 

「今日会った人がお客さんになってくれるかもしれない、好感触だったし」

「有名なあの人と写真を撮ったし、注目されて売れるようになるかもしれない」

「大勢の前でスピーチできたから、お問い合わせがあるかもしれない」

 

こういう【かもしれない行動】ばかりしていると

「頑張ってるのに全然結果が出ない…」に陥ります。

 

どんな物事でもそうですが、

「かもしれない」ではなく「確実にそうなる」にしないといけないんですね。

 

例えば夫婦間のコミュニケーションでこうだったらどうですか?

 

「言いたいことが伝わったかもしれない」

「多分やってくれるかもしれない」

「伝えてないけど、分かってくれるかもしれない」

 

きっとうまくいかないですよね。

 

ビジネスだってそれと同じです。

 

もう確実絶対にそうなるよね!…という行動をしていかないと変わらないんです。

 

登壇してスピーチをするなら「お申し込み率がこのくらいは確実にあるよね」って分かってるトークスクリプトを使うとか、

会った人のうち6割は確実に申し込みしてくれるよね、っていう導線を作ってあげるとか。

 

確実にわかることをやっていかないと成功はしないんです。

 

スポーツでも政治でもなんでもそうですが、

やっぱり成功している人は【成功するべくして】成功してます、かもしれないでは生きていないんですね。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 起業家がコミュニティに参加する価値とは?

  2. 自由気ままな経営も、気がつけば社会的責任が生まれている件

  3. 素顔を見せると運が上がる。

  4. リサーチ力=生きる力

  5. ほんとうの意味でのおままごと起業

  6. 生きる次元の二極化が進んでいる。

  7. あえて流行に一歩遅れると見えてくるものがある。

  8. かっこわるい起業ストーリー

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加