騒音を嫌うと集客できなくなる。

集客ができない理由は●●を嫌がるからです。

 

ところで、

起業の家のイベントは子ども連れで来る人が多いし、

セッション中も子供の鳴き声が後ろから聞こえるし、

なんなら僕がLINE公式で出してる動画教材、よく子どもの声が入ってます。

 

なんならギャン泣きが動画に入ってたりします。

 

僕はこう思うんです。

 

「子供の声が入ってても良い」

 

ではなく、

 

「子供の声が入っていたほうが良い」

 

そのほうが集客できるからです。

 

ちょっと考えてみましょう、

今って映画館で映画見る人減ってますよね。

演劇とか舞台とか、全然集客できてないですよね。

芸術とかも集客できてないですよね?

 

なぜだと思います?

 

それは、

提供者のわがままでお客を殺してるからです。

 

昔の演劇ってザワザワしてたり

騒いでも良かったり、

映画館とかも野次を飛ばしてもOKだったり、

弁当食べても良かったり(幕の内弁当の幕の内ってそういう意味ですからね)

 

お客さんが自由にリラックスできたんです。

 

だから人が集まった、でも次第に

 

提供側の驕りが出てきて、

音を立ててはいけない。

子どもは連れてきてはいけない。

飲食NG。

 

と勝手わがままで顧客を置き去りにしてルールを作り出したんですね、

 

で、廃れていったんですよ。

 

当たり前じゃないですか、長時間。

苦行ですよ。

これねー、どの世界でも同じだと思うんですよ。

 

だから僕は極力、子どもNGにしないんです。

 

子どもだけじゃないです。

勝手に顧客を置き去りにしたルールを作ってないか?

常にチェックしていかないとズレていくもんです、人間。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. ビジネスパートナーは、自前で集客できる人としか組んではいけない!

  2. ケーキを食べればデブ不可避、を利用すれば成功します。

  3. AIの時代=個人ビジネス最強の時代説

  4. 起業に資金はいらない!という理由。

  5. 無料好きに時間を取られてはいけない。

  6. 素直じゃない人は絶対伸びないの法則

  7. 不快な広告は流さない

  8. ゲームみたいに、ビジネスレベルってあるよね。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加