相性の良いコンサルタントを見つける方法

今日は相性について語ります。

 

相性といっても

生徒さんをタイプ分析して

その人に合ったアプローチができるコンサルであれば相性とか関係ありません。

 

が、大抵のコンサルタントは個性分析とかはよく知らないので

相性の良い人は結果を出すし、相性が悪いと出せないということが多いです。

 

ちなみに僕は分析テストとか使わずに会話の中で分析していくので

 

「えっ、なんで私のことが分かるんですか?」

「たしかにそうです!すごいですね!」

「前に強み分析した時も同じこと言われました!」

 

と言われます。

 

さて、相性の問題なんですけど

 

基本的にコンサルタントになろうとする人って

 

女性の場合は目立ちたい人が多いです。

舞台に立つのが好きで、カリスマ化していく人ですね。

 

自分を表現するのが好きで、

ファンが多くて、

セミナーなどの一体多数だと真価を発揮するタイプです。

 

いっぽうで、

「大物だからちょっと怖い」

と思われることもあります。

 

で、こういう人は自分の歩んできた同じ道を生徒さんに歩ませようとするので

 

「私の真似をすれば大丈夫だから!」

 

という教え方をします。

 

同じようなタイプの人はそれで結果が出ていくのですが、

 

カリスマ性に憧れて集まってきた人たちは相性が悪いことが多く、

皮肉なことに、こういうカリスマに憧れるタイプの人たち(他者に対する憧れが強いタイプ)は

あんまりカリスマブランディングに向いていない人が多いので、

 

結果が出ない、

でも結果が出てる人もいる。

私がダメなんだ・・・。

 

と自己肯定感が落ちていきます。

 

この場合、性格の良いコンサルさんなら

「どうして私の真似をしているのにダメなんだろう‥」

と本気で悩みます。

 

悪い人なら、結果が出ないのを知りながらどんどん次の教材を出してお金を払わせます。

 

こういうコンサルさんの元で結果が出ない人は

 

・他者ではなく自分の魅力を認める

 

これが出発点です。

 

逆に男性でコンサルタントになろうとする人は

理論好きで理系な感じの人が多いです。

 

こういう人も、同じタイプの男性(稀に女性)の場合はうまくいくのですが

感覚タイプの女性が生徒さんになると

 

「モヤモヤして動けないんです…」

 

と言われても理解をすることができません。

 

このタイプのコンサルにとって

女性の言葉は多くの場合、宇宙語レベルで理解ができないんです。

 

「こういう分析をして、こうしたらいいですよ」

「大量行動ですよ!」

 

と言うけれども女性の気持ちがついていけず…

 

次第にコミュニケーションがなくなって霧散します。

 

僕も前は「モヤモヤして動けない」とか理解できませんでしたが、今は理解ができるようになりました。

 

相性の良い人を見つけるためには

 

・自分と同じタイプの人

 

 

・生徒さんのタイプを分析して対応できる人

 

を見つけることですね。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 起業は【勝ち負け】の世界ではないんです。

  2. ビジネスパートナーは、自前で集客できる人としか組んではいけない!

  3. あなたにあったサイズの起業をすれば大丈夫

  4. ビジネス初心者が安定して月20万を売り上げるために必要な考え。

  5. バイオリズムの流れを掴み成功する。

  6. 成功できる人とできない人のたった1つの違いとは?

  7. 口コミは女性の最後の武器であり、魔を払う聖剣。

  8. 融合できる人が活躍する時代になっている。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加