ビジネスは戦争、勝ち負け…という時代は終わりました。

今朝の投稿の続きなんですけど、

 

パッと売れで目立っても消える人と

売れ続ける人。

 

大きな差として

 

ビジネスを戦いとして見てるか否かってあると思うんですよね。

 

やっぱり、ビジネスを戦いとして見てる人って

エネルギー切れるの早いし、おかしな方向に暴走しがちなんです。

 

 

同業を見て、勝とうとすると

例えば本当はInstagramが向いているのに

 

どうしてもYou Tubeの競合より勝りたくて

You Tubeばかりにエネルギーを使うとかね。

 

 

本当は女性集客のが向いてるのに、

競合とお客さんを奪い合おうとして、男性集客をするとか。

 

 

「潰す!」とか言い始めたらもう末期で、

お客さんも自分も置き去りです。

 

 

平成までのビジネスって

拡大路線がとにかく善!って感じだったから

 

パイを奪い合って、強豪を倒す!みたいな感覚が多かったと思うんだけど、

 

コロナでお店がバンバン潰れて

拡大してた会社からやばいことになってるじゃないですか。

 

僕が昔居たブラック企業も

社長が見栄っ張りで、

売上が増えてないのに事業所数を増やしてて

 

今どうなってるんだろう…って思うとぞっとします。

 

 

その社長も、今思えば

過度に同業他社を敵視して

自信過剰な態度で

業界のパイを7割奪った武勇伝をよく語っていて

「2年以内に30事業所展開!」

 

という、典型的な「ビジネスは戦争だタイプ」でした。

 

 

でももう、そういう時代じゃなくなって

ビジネスは競合より協調の世界になった。

 

僕もエセコンサルや変な起業塾をディスることはあるけど、特定の個人や団体は基本的にディスらないし、

 

戦おうって気持ちはありません、それよりお客さんのことが大事です。

 

 

個人起業家の世界を思い返してみても

 

すぐに売上で競おうとしてくる人

顧客数で競おうとしてくる人

どっちのステージが上か、みたいなのを競おうとする人

成功者と親しい自分を演出してマウントを取ろうとする人

 

こういう人たちって

ほんと消えるの早いです。

 

ビジネスは勝ち負けじゃないのに、分かっていないのですね。

 

 

僕も昔、当時目立ってた人に

「私のが売上で勝ち!集客おしえよっか?(^^)」

とか言われたことあるんですけど

 

フツーに半年後に逆転してて

 

今じゃ天と地の差です。

 

別に勝とうとしたわけじゃなく、マイペースで

自分とお客さんを大事にしてただけです。

 

どうせ半年〜1年後は逆転してるってことも分かってたので、なんとも思わなかったです(ちょっとイラっとはするけど)

 

 

もう戦いとか、競い合いのビジネスの時代じゃないんです。

 

周りを見てても、僕だけじゃなくて

マイペースで周りと競わない人はじりじり確実に成功してます。

 

 

「成功者は良い意味で周りに興味を持たない」

 

って言葉をどっかで聞いたことがあります。

 

これは、周りに愛や関心がない…という意味ではなく

周りと競ったり、嫉妬したりしないということなんだと思います。

 

 

成功する人は良い意味でマイペースと言うか、、マイワールドにいます。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. あなたの商品の値段の決め方

  2. リッチマインドの盲点

  3. いつまでも成長しない人の特徴

  4. ちょっとあなたのマインドブロックを外すお話をします。

  5. 女性におすすめの起業・副業ビジネスとは?【分かりやすく解説】

  6. 起業家は自分でコンテンツを持つ必要はないと思う。

  7. お金だけを盲信する人の末路

  8. 謙虚さを失ったらダメだな〜と思ったハナシ

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加