売れても消える人の特徴、売れ続ける人の特徴

起業家の世界は流れが早いから、

注意深ければ数年観察するだけでも

 

 

どういう人が売れても消えて

どういう人が売れ続けるのか

 

分かってくるんですよね。

 

 

 

まあよく居ますよね、

パッと目立って売れても消える人。

 

 

なんで消えるかって色々な原因があるんですけど

 

そもそも見せかけだけの【ナンチャッテ売れっ子】ってパターンも多いです。

 

「月商7桁いきました!」って言ってるけど全然着金してなくて、しかもキャンセルされまくってほとんど回収できてないとかね。

 

これはもう強引なセールスをしてるからです。

 

強引なセールスって押し売りって意味じゃなくて

例えばコンサルタントが

 

「売れて結果が出たら払ってください!」

 

とかでお金がない人に無理やり売っちゃうとかね。

 

 

そうすると生徒さんの数だけは増えるし

売上もハリボテだけど200万とか300万とかすぐ行きます。

 

 

ただ、それで入ってくる人の質って恐ろしいくらい低いし、そもそもそんなマインドで成功できる人っていないんで…まあ地獄ですね。

 

 

まとまったお金を払う…って覚悟のきっぷみたいなもので

このきっぷを出してくれる人しか入れるべきではないんです。

 

 

まあこういうやり方をしてる人は一時的に注目されますが、もって1年。

 

めちゃめちゃ頑張って2年…?

 

そうとう無理があるので、必ず破綻するやり方ですね。

 

 

 

基本的に、自己顕示欲とか、承認欲求とか、誰かを見返したいとか

 

そういう攻撃的な気持ちでビジネスに手を出すとこういうことをやらかしますし

 

ここまでじゃなくても、そういう人は売れても続かない人が多いです。

 

 

見栄とか、見返したいとかマジでいらないんですよね。

 

 

逆にどういう人が売れ続けるかというと

 

世の中をこう変えたい…という大きなヴィジョンを持ってる人。

そして、自分自身の内的満足が高い人。

 

数字を出すけど、数字にこだわりすぎず

自分の気持ちを大切にしてビジネスができる人。

 

地味だけどやることを淡々と続けている人。

 

稼いだお金は常に再投資し続けている人。

 

精神的に大人で安定している人。

 

 

 

こういう人は売れ続けるし、常にステージが上がり続けます。

関連記事

  1. お客様以外は大切にしなくて良い。

  2. 謙虚さを失ったらダメだな〜と思ったハナシ

  3. 発信者は成長しないとね

  4. 結果を出す人と出さない人の共通点と違いとは?

  5. 物語のストーリーを応用すれば商品は売れる。

  6. 悲劇のヒロインをやめると成功する。

  7. あなたの個性で成功する。

  8. 自由気ままな経営も、気がつけば社会的責任が生まれている件

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加