本質の時代になっている。

本質の時代です。
 
コロナ自粛で、インスタ映えするお店は客足が途絶えましたが、
 
・単純に飯がうまい店
・常連との人間関係が強い店
 
は生き残りました。
 
こういう本質的な価値の時代に入っています。
 
個人起業家も、ブランディングとかなんだ色々ありますが
最終的にはお客さんとの関係・そして商品力です。
 
商品力といっても資格の数じゃないですよ。
そもそも資格の数で安心している時点で本質ズレてます。
 
商品の本質ってなんですか?
 
それはお客さんに価値を与えることでしょ、資格は価値じゃないですよ別に(資格を否定してるわけじゃないですよ)
 
 
無資格でガンを治癒する医者
医師免許を持ってお客さんの顔もろくに見ずに、画面を見ながらクスリを処方する医者
 
どっちが本質的ですかって話し。
 
 
本質以外の部分で目立って人が集まっても、すぐ消えていきます。
 
大金を払ってプロモーションされて売れても、
商品提供がグダグダなら半年後には「あの人は今」状態になるし。
カリスマインフルエンサーに紹介されてバズっても、
同じく「あの人は今」になります。
 
 
カリスマのあの人に認められて紹介されれば…
あのSNSでバズれば…
 
と一発逆転を狙う人も多いけど
 
本質に気づかないと意味がないわけっす。
 
 
本質っていうのは商売人にとってもう2つしかないのです。
 
 
・お客さんへの価値提供
・お客さんとの人間関係
 
 
これだけです。
 
それも、より本質に近いものです。
 
インスタ映えする画像を提供するカフェ・・・も価値のひとつですが、
飯がうまい・・・ほうがより本質的だったわけです。

関連記事

  1. 成功するビジネスの特徴は「さらっとしている」こと。

  2. ゲームみたいに、ビジネスレベルってあるよね。

  3. いつまでもビジネスが大きくならない人の特徴

  4. 行動できない本当の理由とは?

  5. 不器用な人こそ、愚直にやれば成功する。

  6. 起業家は月商思考から抜け出すと成功する。

  7. 個人ビジネスで成功する3つのポイント

  8. SNS集客をしない人でも、SNSはやったほうがいい理由