陰謀論もいきすぎるとヤバい

ちょっと心配な人が多いので書きます。

 

さっき、こんな投稿を個人フィードにしました。

ーーー

ちょっと陰謀論に偏りすぎてバランス失ってるスピ系の人増えてきたね。

陰謀論だけじゃなくて政治や宗教でもそうなんだけど

極端に偏りすぎて、政治闘争してる人みたいになると普通の客はドン引きして離れるよ。それでいいならいいんだけど。

まじでバランスが大事。

ヴィーガンの人とかもそうだし、

政治運動の人もそうだし、

極端に行くのが好きな人が多いよね。

ーーー

 

別に「陰謀論なんて嘘だ!ばかばかしい!」なんて言いません。

 

そりゃー、これだけ大きな人間社会になればいろいろな陰謀があって当たり前だし(ないほうがおかしい)

 

いろいろな権力や力学が働いて世の中が形成されているものです。

1つの世界を支配する団体が裏で陰謀を動かしているのではなく(めちゃめちゃ強い団体はもちろん存在する)

たくさんの権力・力学が複合的に動くことによって

世の中が動いているんです。

 

知ったふうな口を聞くな!と言われるかもしれませんがこういうのって原理原則、自然の摂理みたいなもんなのです。

 

 

で、ちょっと陰謀論に偏りすぎて(コロナをきっかけに)

極端な思想に走って、どこかの教祖的な人を崇拝しはじめたり、見えない敵と戦う政治的戦士に走りすぎたり…

 

こういう人たちをチラホラ見るようになりました。

 

  

別に信じるのは自由だし、

見えない何かに抵抗する生き方は良いと思います。

 

「陰謀論なんて怪しい!」と切り捨てるのも逆の方向に極端なわけです。

 

行き過ぎると一言でいうとドン引きされるようになるし、何事も極端思考になると

過ぎたるは及ばざるが如し…になります。

 

例えば

「お金はユダヤが作った、我々を支配するためのもの!お金がない世界を実現する!」

 

うん、3分の1くらいは本当だと思います。

 

お金の発祥は別にユダヤじゃないので(ユダヤ民族もクソもない原始の頃から存在するし、ユダヤが関係ない島の原始人もお金がある社会を持ってたりするでしょ)すけど

 

まあ資本主義を広めたのはこれはもう明らかにユダヤです。

 

かといってお金というものがあるのは意味があって

「これからは物々交換の時代!お金なんてなくなる!」

つったって

 

あんた飛行機に乗るのに、トラック何台ぶんのキャベツ持っていって運賃にするのかい?って話しなんですよ。

 

 

物々交換って実際やってみるとめちゃめちゃ不便なわけです。

 

そもそも航空会社が「キャベツはいらないよ」と言ったら途方も無いキャベツを持ってズコズコ帰らなければいけないわけで。

 

じゃあキャベツじゃなくて、金(ゴールド)なら小さくて誰もが価値を知ってるから

金でよいですか?

 

っていうのがお金の始まりなわけです。

(ただこの金本位制を崩したのはユダヤね)

 

 

っていう話を聞けば分かるように

結構ユダヤが絡んでるけど

お金の発祥とか、すべてがユダヤじゃないし

 

バランスを持って考えるのが大事だと思うのです。

 

宗教の人たちがなんでもかんでも「サタンの仕業!」って叫ぶのと同じく、なんでも敵のせいにすると頭のおかしい集団が出来上がるわけです。

 

 

はい結論、何が言いたいかって言うと

 

・陰謀論はいいけど、極端な思想にいきすぎるとヤバい

・見えない敵との政治闘争戦士になりすぎるとドン引きされる(政治運動が人生になってるネット右翼の人たちとか引くでしょ?)

 

 

インターネットで陰謀論ばっかり何時間も見てるのは明らかにバランスを崩そうとしているわけです。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 無駄な買い物をやめると豊かになる。

  2. スピリチュアルの効き目が10倍くらいになる秘密

  3. お客様の声は自然に集まると最高

  4. コンサルを受けて【結果が出る人】【出ない人】の違いとは?

  5. あなたを『支配しようとする人』を引き寄せないコツ

  6. あなたのステージが変わる時、人間関係が変わる。

  7. ステージが低い人の特徴

  8. どの世界を望むかで、付き合うグループが変わる。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加