自分らしく在るのと・本能のまま動くのは違う

 

スポーツって、技術練習とかフォームの練習とかめっちゃするじゃないですか。

 

わざわざ技術練習が必要なのって

 

人間が元々の本能で持っている動きだと試合に勝てないからなんですよね。

 

本能で動いても良いなら体力トレーニングだけでよくなるわけです。

 

起業もそうですよね。

 

起業をして4年生き残るのって95%らしいです。

 

5%の人たちって普通じゃない行動してるってことですよね。

 

さらにその5%の人達のうち95%は…10年以内に消えるそうです。

 

つまり、人間が本能のままビジネスをすると…陥ってしまう落とし穴がたくさんあるってことです。

 

本能通りやってうまくいくなら、逆に95%が成功しますよね。

 

でもそうじゃないってことは、本能通りやるとヤバいってことです。

 

 

本能のまま動いて失敗するのって

例えば芸能人が女性関係で失脚するのもそうですよね。

 

 

だから、イチローがバットを何度も素振りをするように

本能とは違う【何か】を自然やれるように学んでいく必要があるんです。

 

 

「で、でもそれって自分らしさから離れるんじゃ…?」

 

いいえ、そんなことありません。

 

イチローが「野球のフォームは僕らしくない!」なんて思わないですよね。

 

本能=自分らしさ

 

ではないんです。

 

 

あなたらしくなるために、型が必要なんです。

 

 

型があって、その上で独自の動きを行うのを【型破り】と言うんですね。

 

そもそも型がないのは型破りですらなく、ただの本能なんです。

 

 

美しい所作や型を学ぶのと同じように

しなやかで美しいビジネスを学ぶのがマーケティングなんです。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. どういう人たちをお客さんにすれば良い?

  2. 安心でビジネスをすると成功する理由

  3. 行動しなければ始まらない。

  4. どの成功法則が正しいかはキャラによって違う。

  5. ビジネスが大きくなるとネガティブマインドが大事になる。

  6. あなたの未来を決めるのはあなただけ。

  7. 淡々と、粛々とが結局は最強!

  8. ステージアップの合図は「○○しなきゃなー」

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加