住む所の氣が人生を創る

いやあ住むところ大事…!

 

今まで「固定費は下げるのが最高!」って思って

貧乏だった頃に入居したマンションにずっといたんですけど

 

このたび、不動産屋の人が「この辺りだとここはグレード高めです」と言う程度の所に引っ越したんです。

 

まだ引っ越しの荷持がめっちゃあるんで画像出せないんですけど😂

 

(引っ越しはシッターとして来てくれてたコンサル生さんの 阿部 瑞希 ちゃんに手伝っていただいちゃいました)

 

新しいマンションは…

めちゃめちゃ気がいいし、庭はポカポカしてるし、

和室で目覚めたら「え?ここ旅館?」って思うレベルで、、2歳の息子もめっちゃ機嫌いいんですよね。

 

今までは「住む所は固定費を上げないのが起業マインド!」って思ってたんですけど、、ここに来てちょい考えを改めてます。

 

 

なぜかって…一言で言うと

 

『氣が違う』

 

なんですよねー

 

地域や家賃が違えば、住む人の氣が違う。

すれ違う人の氣が違う。

 

土地の氣が違う。

オーナーの氣も違う(これ結構影響するようです)

 

建物全体の氣が違う。

 

 

今まで滞っていたものが

がーーーーーーーーー!!!と循環を始めているのを感じています。

 

 

以前のマンションは

建物がくすんでいて(驚くことに外壁改修工事をしたばかりなのに)

住民が陰気で

オーナーのオーラは黒ずんでいて(色々な人の恨みを買ってる)

 

うーん、なんか建物に入るだけでモヤモヤしていたんです…。

 

 

やっぱり良いところは部屋が広いだけじゃないんですね。

管理人さんも氣が良いし、

嫁が間違えて「緊急ボタン」を押したら5分で警備の人が来たし、

 

ただ、無駄に家賃を上げるのはやっぱり起業家マインドじゃないと思っていて

家賃200万とかそういう物件に住むことはお金があってもないと思います。(多分)

 

別に贅沢をする必要はないし意味はないんですけど

 

ただ、『氣の良い場所にいる』ことにこだわるってめちゃめちゃ大事だなーーーっと全身で実感しております。

以前住んでいた所は団地が多くて

平均所得が低い地域だったんです。

 

当時仲良かった社長さんの会社があったから

そのご縁があり住んでいたんですけど

 

結構生活保護受給者みたいなのが多くて

駅前でたむろって酒飲んでたり

なんか体に悪そうな太り方してたり

顔色が土色だったり

愚痴や不満が聞こえてきたり…

 

まあそういう町だったんですよね。

 

今住んでいる場所は某大企業のやたら広大な研究施設の横なんですけど

 

そこの社員や研究者の町なので

すれ違う人もエネルギーが良いし

ランチしてても品が良い家族が多いし

行き交う車の音も、前向きなエネルギーを感じるんですよね。

 

その地域に住む人達の集合的なエネルギーでその土地の氣が左右されるので

 

『誰の町なのか?』

 

ってめちゃめちゃ大事だなーって思います。

 

実は今住み始めた所

もう引っ越しシーズンが終わってて全然良い物件なくて

 

最後のダメ押しで「あと一軒だけ見てみて、ダメだったら諦めよう」で見つけたんです。

 

不動産の人は「ここは道路沿いだし…」とあんまり勧める感じがなくて

 

でも実際に内見してみたら

 

道路沿いだけど、実は住宅街側に奥まってるから

全然静かなんですね。

 

道路沿いだしあんまりよくないマンションでしょーっていう先入観のおかげで売れ残っていたんです。

 

誰の町なのか?って大事です。

別に高級地域じゃなくても、一流企業の施設があったりすると氣が善いのでおすすめです。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 今は【繋がりの時代】ってサラリーマンでも気づき始めてる。

  2. リッチマインドの盲点

  3. 好きなことで起業をする必要は全くない。

  4. 男性性と女性性、両方必要ですよー

  5. 成功まで、実はあと少し。

  6. 行動しなければ始まらない。

  7. クソコンサルタントの末路

  8. お客さんの顔が見えるって・・・大事なこと。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加