どういう人たちをお客さんにすれば良い?

どういうお客さんをターゲットにしたら良いか?なんですけど。

 

顧客層は富裕層が良いとか

数の多い一般層が良いとか

 

色々言われますよね。

 

以前

 

「俺は富裕層を狙う、金のない奴らを狙うなんて悪いことしないぜ!」

 

って息巻いてる変な男を見かけたことがあるんですけど

 

この発想は

 

ビジネス=顧客からお金を奪い取るもの

 

って根本で考えているのが透けて見えますね。

 

お客さんに与えるマインドがあれば

別に富裕層でもそうじゃなくても関係ないと思います。

 

 

ただまあ、富裕層ビジネスのほうが単価高くなるし支払い能力が高いから

ビジネス的には良いですよね。

 

ただし、自分よりステージの高い富裕層を相手にビジネスをして

結果的にパワーバランスで負けていて

小間使いや下請けみたいな…関係性になってしまっている人も見かけます。

 

 

パワーバランスで負けると【仕事をいただく側】みたいになってしまって

結局ビジネスを自分でコントロールできない=リスクが高い…なんですよね。

 

だから、富裕層を相手にする場合は

「あなたじゃなきゃダメなんです、お願い致します」

と言われるくらいの希少性を身につける必要があると思います。

 

替えがきくようじゃパシリになっておしまいです。

 

 

希少性ってほんと大事ですよ。

希少性があればパワーバランスで負けないのです。

 

 

僕の場合、今まではまだ起業して利益を出せてない方が多く来てたんですけど

最近はすでに20〜50万くらいの売上や利益がある方がコンサルを受けに来ることが多いです。

 

ゼロの状態からの人をコンサルするのとちょっとギアを変えていかなければ行けないのですが

この人達はノウハウを教えればほぼ確実に実行して結果を出してくれるので、コンサルとしては楽このうえありません。

 

その上結果が出やすいからすぐ感謝されるしね〜。

 

 

まあ、売上が0ベースからの生徒さんも

0から上がっていくのを一緒に見ていけるから

それはそれでとても楽しいです。

 

あんまり相手にしたくないのは単純に【マインドの低い人】

 

この人達は教えてもやらないし、なんなら不平不満を言われることもありますからね。

 

 

というわけで

どういう金銭状況でどういうマインドの人をターゲットにするのが良いのか?

 

をあなたなりに考えて調節していくのって大事です。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 行動は最初のステップです。学び続けるはNG

  2. 起業は難しいことをしなくてもOK

  3. 赤ちゃんか達人になれば成功する。

  4. 成功しようとするとやってくる「試練」について

  5. 同じ教えでも、結果が出る人と出ない人の差

  6. 効率よく副業する人と、めちゃ効率悪い人に二極化してる件

  7. 不器用な人こそ、愚直にやれば成功する。

  8. 起業して続く人と消える人の違い

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加