お世辞は言わないし、マスクもつけない。

 
Facebookを眺めていると、
わざわざマスクをして画像を撮る人が減ったなーと思います。
 
 
僕は最初からマスクはしなかったし、
コロナが危険というのは嘘で、ただの風邪レベルだと最初から発信していましたね。
 
 
それは今までずっとブレずにスタンスを維持していました。
 
 
今でもノーマスクで電車に乗ってますが、
最近はノーマスクの僕がいてもわざわざ車両を変える女性(なぜかこういうのは絶対に女性)もいなくなりました。
 
 
なぜこうもスタンスを変えないかと言うと、
基本的に、批判を恐れたり、忖度をしたりしたくないからです。
 
これは元々の性分なんですが、それだけじゃなくて
それは僕が商売人だからということです。
 
 
商売人というのは「なんかこの人は信用できる」というのが大事なんですが
 
忖度をすると信用は薄れます。
結構ダメージが入ります。
 
 
だからマスク着用義務があるお店に入る時以外はマスクはしないし、基本的にそういうお店には行かないようにしています。
 
  
忖度しません。
だから
「フルタさんってなんか言ってることすごいけど、嘘はいわないよね」
となるわけです、
 
 
商売人としては
 
「人当たりがよいけど、お世辞も言うし忖度もするよね」
 
という嘘なのか本当なのかよくわからんことを言う人より
 
「ちょっと尖ってるけど、本当に思ってることしか言わないよね」
 
 
のほうがビジネスがよく伸びるわけです。
 
 
もちろん、新しく何かを学んだりして考え方が変わることは多々ありますが、それもそれで素直にその時思っていることを言っているのです。
 
「フルタさんはお世辞を言いませんね」
 
とよく言われますが、
お世辞を言おうとすると、人の10倍エネルギーを使うのです。
 
だから昔からお世辞は言いませんでした、社会人時代はそれで職場のBBA…じゃなくておばさまたちをよく怒らせていました。
  
 
お世辞を言うより怒らせたほうがマシでした、疲れないので。
 
まあ怒ってもヘラヘラしてる僕を見て、おばさんたちも諦めてましたけど。
 
ていうかいちいちお世辞を言わせるような前フリを投げてくるのやめてほしいです、面倒くさいので。
 
「信用を作る」っていうと
なんかやたら丁寧なメールをしたり
社会人として恥ずかしくない(笑)言葉遣いをしたり
スーツを着てみたり
 
そういうことばっかりする人がいるんですけど
信用ってそうじゃないですからね
 
もちろんきれいなスーツとかって心理学的にも信用を作りますが、それはあくまで第一印象だけ。
   
 
商売って長期的な付き合いが大事だから
第一印象は大事だけど、そこだけにフォーカスしても意味ないんだなー。
 
 
 
別に人当たりがよくなくても、尖ってても
 
「ああ、こいつは本当のことしか言わねーな…」
 
って思われてれば良いんです、そのためには本当のことしか言わなければ良いんです。
 
 
  
テクニックとかありません、簡単でしょ?

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 豊穣の女神様からのメッセージ

  2. ステージアップの合図は「○○しなきゃなー」

  3. リッチマインドの盲点

  4. 当たり前だけど商売の基本は【信用】

  5. 起業初心者の頃の恥ずかしい話

  6. 現在のビジネスで長生きする人の特徴

  7. 起業の世界から消える人・消えない人の違いとは?

  8. 原点回帰の時代です。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加