普通の人の感覚を忘れたら集客は難しくなる。

ここのところ、立て続けに【普通の人とも関わったほうが良いですよー】って発信してるんですけど、

 

スピの人はスピだけで固まるとか、

コンサルがコンサルだけで固まるとか、

コーチがコーチとばっかつるむとか、

   

ほんと感覚おかしくなるから危ないっす、身内ばかりでいるのは。

  

なぜ危険かというと、普通の人があなたのお客さんなので(普通の人じゃない人をお客さんにしてると、めっちゃ狭い世界でお客さんを奪い合うことになる)

 

普通の人の感覚がわからなくなるってことは

お客さんの気持ちがわからなくなるってことです。

  

例えば、普通の人って

不特定多数の他人がいるカフェ店内で

スピリチュアルな話をされるのは恥ずかしかったりします。

 

えーとボクも内容によっては恥ずかしいです

「あの人宗教ハマってんの?」とか思われるかもしれないし。

 

でもスピ仲間とばっかりつるんで感覚失ってると

 

座席の間隔が狭いカフェでお客さんとアポ取って

大声でスピリチュアルな内容を喋ったりとかね

お客さんが実はひやひやしているのに気づけなかったらまずいっす。

 

この間も発信した通り、

専門用語をふつーに伝わる言葉だと思いこんで使ってしまったりとか

 

お客さんの気持ちがわからなくなればなるほど

普通のお客さんは去っていき

コアな人達しか集まらなくなるので

そのうち破綻していきます。

  

 

だから、普通の人の感覚を謙虚に尊重すること。

自分が特別で選ばれた存在だと勘違いしないこと。

 

みんなが特別で、自分も特別だと分かってるなら良いですけどね。

 

  

マーケティング(集客)って謙虚さとセットなんです。

0

関連記事

  1. 起業したら「時給マインド」は卒業しよう。

  2. 成功するコツは他人の力を「シェア」させてもらうこと。

  3. 売れるSNS発信術

  4. コンサルタントってだいたいクソ終わってる

  5. 自分の嫌いなところもまるごと愛せる人は…売れます。

  6. 教養のある人は長く成功します。

  7. 商売人としての価値=信頼できるお客さんの数

  8. 「好きなことをやる」と「好き勝手やる」は別物。