みんななぜか、難しいことをしようとする件

みんななぜか難しいノウハウが好きなんだよね。
  
「簡単に成功したいです!」とか言いながら、なぜか難しいことをやろうとする。
  
非常に不思議です。
  
例えば、Instagramで4万フォロワーを目指すより
5000フォロワーでその人達に濃いファンになってもらうほうが簡単に商品が売れていく。
  
なのになぜかみんな4万フォロワーを目指しはじめる。
  
コンテンツもそう、
みんながやっていない、でもあなたは得意なことをやれば簡単に成功できるのに
  
なぜかみんなと同じようなコンテンツを同じように売ろうとしはじめる。
  
自分と似た人が多ければ多いほど売るのは難しくなるんだけど、
なぜか難しいほうへ行こうとする…。
  
   
まあ「不思議です」と言いながら理由は分かってるんだけどね。
  
この人達は
  
簡単なものを目指して、結果的に難しい方へいってしまっている…なんですよね。
  
  
人はみんな、楽に短期間で成功したがります。
でもそれが一番むずかしい。
  
1年で大富豪になるのは難しいけど
5年かけてじわじわ成功するのは簡単。
  
でもみんな1年を求める。
  
で、1年を求めた結果、「失敗したー!」「だまされたー!」とかバカやってる間に…
  
いつのまに5年でじわじわ成功してきた奴が遥か彼方にいる…と、世の中そんな感じです。
  
  
Instagramで4万フォロワーいたら、なんか楽に売れそう。
  
でも、1人1人を濃いファンにしたほうが簡単。
  
みんなが同じ商品を作るのはとりあえず楽(自分で考えなくていいから)
  
でも、売るのは難しくなる。
  
わかります?
  
楽な道は渋滞していて、しかも実は楽じゃない。
難しそうな道は誰もいなくて、しかも裏道でショートカットだったりする。
  
よくいますよね「楽に成功する」を目指して
 
「物販なら簡単に成功!」と言われて物販に手を出して挫折して、
「先行者利益!不労所得!」と言われてネットワークビジネスに手を出して挫折して、

ずーっとグルグルしてる人たち。
  
  
かといって難しそうなことをやればいいってわけじゃない
  
要するに、自分がやりたいことを貫く、
自分のお客さんを大事にする。
  
この2つだけをしっかり守っている人が成功していくんです。
  
  
コロナが始まればマスクの行列に並び
鬼滅が流行れば映画チケットサイトとにらめっこ
  
こういう、魚群のように大衆と同じ行動を取る人は
いっけん楽に見える渋滞が大好きです。
  
あなたが起業家なら、魚群を冷静に眺める側になりましょう
  
マスクの行列を見たら、
特殊ルートからマスクを仕入れてお客さんに配ったら喜ばれるかな…と考えてみる。
  
鬼滅が流行っていたら、ハマってもいいけど
「どうして人気なのか」を考えること
その時に流行るアニメや映画は必ず…時代の特徴を反映しています。
  
鬼滅の場合はそれってなんですか?考えてほしい。
  
  
成功するって楽をすることでも、難しいことをするってことでもない、
やりたいことをつらぬくってこと。
  
その結果、大衆とは外れるってことです。
  
  
ようするにわが道は成功の王道なんです。
  
もちろん、そこにお客さんたちからの需要がないとあかんですよ。
 
わが道と入ってもひとりよがりではないですからね。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. でっかい夢なんかなくても成功できる。

  2. 成功する人は○○に引っ張られない

  3. 『お金に目がくらむ』のと『利益を求める』は全然違うんです。

  4. ふつーの事をするとふつーが引き寄せられる。

  5. 1人のメンターを信仰していると集客は難しい

  6. 原点回帰できる人が成功する時代になっている。

  7. 消える起業家と成功する起業家の、、、決定的な1つの差

  8. 住む所の氣が人生を創る

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加