有名起業塾の裏側を暴露します

まあこれは起業塾に限らず、
投資塾とかそういうのでもありがちなんだけど。
  
  
『プロモーション貧乏』という言葉があります。
  
  
結構有名塾とか、有名な人でも
プロモーション貧乏に陥っているケースがチラホラあったりします。
  
プロモーション貧乏とはどういうことかというと
  
例えば起業塾に例えてお話すると
  
起業塾を作って、バーンを広告費をかけていっきに生徒さんを集めるとするじゃないですか
  
で、上手に広告運用をして
  
100万円の広告費をかけたら
200万の売上になるとしますよね。
  
そうすると
  
200万から100万円をひいて、利益は100万ですよね(税金はとりあえずおいて考えましょう)
  
100万稼いだぞーってなるんですけど
  
起業塾の中身がゴミクズで
ほぼ全員が結果出せなくて
  
「結果が出ないです教えて下さい」って言われても、糞コンサルが、
  
「いちいち質問をするのはダメ!自分で考えましょう、すぐに頼るのはクレクレ君ですよ!」
  
と答えるとしましょう。
  
  
するとお客さん達はもう二度とこないし何も買わないので
  
その人達からの売上は100万で止まります、これ以上はありません。
  
  
じゃあ100万円すべてが手元に残るのかと言うと、そうではありません。
  
次の集客のためにまた広告を出す必要があるからです。
  
なぜなら口コミも起きないし、紹介もないし、リピーターもいないからです。
  
  
100万の利益をまた広告にかける必要があります。
  
はい、すると前回と同じく200万の売上になります。
  
で、広告費がかかっているのでまた利益が100万ですね。
  
じゃあこの100万が利益なのかというと、次の広告費に入れる必要が…エンドレス

そして、経費や税金もかかるうえに、広告運用が毎回うまくいくとも限らないために
不安定な経営をすることになります。
  
  
こういう永久スパイラルにハマることを『プロモーション貧乏』と呼びます。
  
お客さんの数も集まるし、大きくはなるし有名にはなるのですが…実情としてお金が火の車になります。
  
  
商売の本質は『商品の良さ』ですよね。
これを失うとこういうことになります。
  
そして、お客さんを大事にすることを忘れるとあかんというわけです。
  
商売の原理原則を忘れると、いかに派手でも苦しみのビジネスをするはめになるんですね。
  
   
私達は違いますよね、私達の商売は『与え合い』の幸せなビジネスにしていきましょう。
  
みんなで楽しくね。

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. 裏道で成功するのが最高!

  2. 言葉を調理すると成功する。

  3. 楽しいところに人は集まる。

  4. 結局コツコツが最強

  5. コギャルの反撃 in 絶望の令和

  6. コンテンツと結婚をすると成功する。

  7. 男性性と女性性、両方必要ですよー

  8. みんななぜか、難しいことをしようとする件

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加