言葉を変えるとすべてが変わる。

発信って、誰に届けるイメージをするかってとっても大事。
 
例えばボクの発信は
 
・ビジネスが少し分かってきていて、もっとしっかり利益を出したがっている人たち。
 
に向けてます、基本的にはね。
 
なぜならこういう人たちがボクのお客さんだから。
 
あと
 
・ビジネス初心者だけど、気持ちがしっかりしていてやる気がある人。
 
こういう人たちにも向けています。
こういう人たちもお客さんです。
 
逆に
 
・自分が稼げれば他人のことはしったこっちゃない人
・ビジネスをやってるんだかやってないんだか分からない人
・カリスマ起業家にキャーキャー言いたいだけの人
 
こういう人たちには向けていないのです。
 
 
だから「稼ぐ!」とかそういう言葉は使わないし、
セミナージプシーが喜びそうなことも言いません。
 
どういう人達を引き寄せて、
どういう人達を引き寄せないか(場合によっては引き離すか)
 
ってビジネスをするうえでも
人生を楽しく生きるためにも
 
めっちゃ大事。
 
 
そういう引き寄せって基本的に『どういう言葉を使うか』で決まるんですよね。
 
 
「稼ぐ」「儲ける」「一攫千金」「一山当てる」
 
こういう言葉を使って集客をしたらやばい人たちがお客さんとしてやってくるのはだいたいイメージできますよね。笑
 
 
「利益を出す」「ビジネスを育てる」「感謝されながら豊かになる」
 
こういう言葉だと、一緒に時間を共有したい人たちが集まりますよね。
 
 
だから言葉ってすっごい大事なんです。
 
 
誰に届けるかをイメージして、
その人達に合わせた言葉を使う…
 
これが幸せなビジネスをするコツです。
 
 

 
 

関連記事

  1. 【楽しい】が起業力になる時代になっている。

  2. 隠れ名店を見つける達人は、起業でも成功する!

  3. あなたのライバルは2,3人くらいしかいない。

  4. それはお客さんに意味があるの?

  5. リスクのない起業のやり方を大公開

  6. 自分の問題から目をそらしてビジネスをするのは危険

  7. 成功するために「1つのこと」ができなければならない

  8. 成功したいなら「かもしれない」は厳禁

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加