お金の先を見ると運が広がる。  

起業をしてビジネスをする時に、
利益を出すのはもちろんなんですが
 
利益の先を見ている人って、ビジネスが広がっていくんですよね。
 
あなたがそのビジネスをすることによって、お客さんにどうなって欲しいのか?世の中をどうしたいのか?
 
そういうヴィジョンみたいなのが、『お金の先』です。
 
逆に、目の前のお金しか見えていない人は運も広がらないし、ビジネスも広がらないし、人にも共感されません。
 
共感されないということは売れなくなっていくということです。
 
Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグさんは
19歳の頃に、音楽アプリを制作していました。
 
それを友達とかにシェアしていたんですけど
ある時マイクロソフトがその音楽アプリを買い取りたいと言ってきたんですよね
 
日本円にして1億くらい、
10代で1億入るならいいじゃんって思うのが普通かもしれませんが
 
マーク・ザッカーバーグは
「いや、これは無料でシェアしていくために作ったアプリだから…」
 
といって断ったんです。
 
マーク・ザッカーバーグはシェア文化を作りたかったんです。
 
Facebookを作った当初も、Yahoo社に何千億での買収を持ちかけられました、
 
20代前半で何千億も入ったらもう大成功ですが、これも断ったんですね。
 
「いや、もっと大きなモノにするから」
 
と言って
 
この『もっと大きなモノ』っていうのが
お金の先なんです。
 
大きなビジョン、作りたい未来、
 
お金はビジネスを続けていく上で大事な栄養みたいなものですが
その先を見ている人にエネルギーが集まって大きくなっていく時代なんですよね。
 

起業の成功率が30倍上がる無料動画レッスンプレゼント中
  ▼タップして受け取る▼
友だち追加

関連記事

  1. お金のために正直にお客さんを集めるには?

  2. 実は、高額商品ほどリピート率が高い理由

  3. 起業して続く人と消える人の違い

  4. 今は何が売れる時代?

  5. 初心者ブロックをしなければ豊かになる!

  6. 【楽しい】が起業力になる時代になっている。

  7. ビジネスをやらずにセミナーに出ても無意味です。

  8. それはお客さんに意味があるの?

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加