売上を出すための、きほんの計算式

ビジネスというのは
 
売上(入ってくるお金)のほうが、経費(使ったお金)より多ければ、
利益がでるわけです。
 
つまり
 
売上>経費
 
にならないとあかんのですよね。
 
これ聞いて、「え、そうなんですか?知らなかったーーー!すごーーい!古田さん天才!」って思った方いますか?
 
これってわざわざ言うまでもないくらい当たり前というか、小学生でも知ってることだと思うんですけど
 
前にとある講座に参加したらこれを聴きながら猛烈にメモをしている人たちが大勢いたので(その光景にまじびびったんですが)
 
もしかしたら意外とみんなよくわかってないのかなーと思うのです。
 
そして、意外と起業コンサルを名乗ってる人ですら全然わかってないのが
 
売上=顧客数x商品単価xリピ率
 
という計算式です。
 
売上を倍にしたかったら、別に倍の数の商品を売らなくったって
 
顧客数、商品単価、リピ率をそれぞれ
3割ずつ上げることができれば
 
2倍以上の売上になるのです。
(かけざんなんで)
 
つまりこの3つをじわじわ上げていくことによって、ビジネスを伸ばしていくことができるんすね。
 
だから、集客も、商品を安売りしないことも、リピしてもらうためにしっかりフォローすることも
 
等しく大事なんす。
 
苦労してる人って必ずどれか1つに偏ってます
 
新規集客しかしてないとか
商品力ばっかり高めて、集客してないとか
しててもフォローしてないとか、
 
全部バランス良く大事なんで、
計算式は頭にいれときましょ。

関連記事

  1. 本当に長く続くビジネスとは

  2. ほんとうの意味でのおままごと起業

  3. 『お金に目がくらむ』のと『利益を求める』は全然違うんです。

  4. 融合できる人が活躍する時代になっている。

  5. クリティカルなことだけやれば結果は出る。

  6. 有名起業塾の裏側を暴露します

  7. 自由気ままな経営も、気がつけば社会的責任が生まれている件

  8. 信じてはいけない成功法則

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加