「罪を憎んで人の憎まず」の本当の意味

「罪を憎んで人を憎まず」
の本当の意味がわかりますか?
 
「悪人が何かをしでかしても、悪人そのものを憎むのではなく、罪を裁き、二度と犯さないようにするってことでしょ」
 
ってみんなが思ってると思います、
ボクもそう思います。
 
でも大事なのは逆。
 
悪人ではなく、善人(もしくは、善人だと思っていた人)が何かをやらかした時なんですね。
 
こういう時、
 
人間不信に陥ったり、
その人の人間性を非難したくなったり、
なんなら抹殺したくなったり、
 
してしまいそうになるんですけど
 
罪を憎んで人を憎まず…というのは
「誰が」ではなく「何が起きた」という事柄にフォーカスするってことなんです。
 
つまり
 
「あいつがあんなことをした!むかつく!」
「もう誰も信じられない!」
 
と人にフォーカスするのではなく
 
「こういうことが起きないようにルールを作ったほうが良い」
「防ぐためのシステムも必要だよね」
 
というモノにフォーカスすると
 
心も楽になるし、
そもそも相手の人間性に任せていては、残念ながらいつかまた同じことが起こるのです。
 
だから、
 
ほんと仕組みやルールを変えるしかないんですよね。
 
 
信頼関係にだけ頼っていては
必ず何かは起こります。
 
だからこそ
 
「罪を憎んで人を憎まず」
 
が大事になってくるんですよね。
 
商売人は信用の世界ですから、
信用だけで成り立つのが理想なのですが
 
それだけで世の中が成り立てば、警察も弁護士もいらないわけです。
 
罪を憎んで人を憎まずというのは
ある意味で、人が変わるのを諦めている言葉でもあります。
 
キリストはかなりリアリストだったんじゃないかなーと思うのです。

関連記事

  1. 個人の時代

  2. 息を吸うだけで成功する方法

  3. お客さんがブランドを作る

  4. 成功まで、実はあと少し。

  5. 成功する人は○○を受け取っている。

  6. あなたの未来を決めるのはあなただけ。

  7. 個人起業家も法人化したほうがいい理由

  8. おじいちゃんは早起きだけど成功者?