悲劇のヒロインをやめると成功する。

人が成功できなかったり、不幸になったりまったりする大きな原因が『被害者意識』です。

「親のせいで俺は…」
「環境がああだったら…」
「会社がこうなら…」
「運が悪くて…」

人のせいにして、自分は被害者という立場になってしまう人のことを
被害者意識症候群(漢字だらけw)と呼びます。

この被害者意識があると、人生はうまくいきません。

被害者意識ってね、クセになるんですよ。

なぜならこれって、快感だからです。

「え、被害者意識が快感?それっておかしくないですか?」

って思う人もいるかと思います。

でも、、、被害者意識って

人のせいにできるし
自分の悪い部分から目をそらすことができるし
弱者ぶることができる。

実はある意味、居心地がよいし
快感なんです。

悲劇のヒロインでいるのって
ある意味きもちよいし楽なんですよねー

よく、「思ったことは現実化する」とか「引き寄せの法則」とかあるじゃないですか

「私は成功を願っているのに、全然現実化しないんです!」

って人がたまにいるんですけど

実はこういう人って被害者意識が強くて

「私は不幸だ、うまくいかない」

という願望を、現実化してしまっているんですよね。

つまり、うまく現実化できないんじゃなくて

実は現実化できているし

引き寄せができないんじゃなくて、うまく引き寄せた結果なんです。

もうね、こういう人たちの人生がうまくいくためには

『被害者意識を捨てる』

これしかありません。

長い間、、被害者意識で生きてきた人は、心のクセみたいになっているから
治すのも時間がかかるかもしれません。

被害者意識を捨てるためには

・自己責任で生きる

もうこれだけです。

自己責任、全部自分が原因…ネガティブな意味じゃなくて
ポジティブな意味でね。

「ぜんぶ自分が悪いんだ…」
って落ち込むんじゃなくて

「人生はぜんぶ自分が原因だ。だからいくらでも変えられる!」
ってポジティブに思うことです。

かくいう僕も、昔は被害者意識のカタマリだったんです。

何をやってもうまくいかなくて、常にひがんだり妬んだり、悲観していました。

でも「100%自分原因説」という言葉を知ってから

人生が変わりました。

今でもね、ものすごーく嫌なことがあったりすると

ついつい昔のクセで被害者意識が顔を出そうとするんですけど

「それじゃ昔の繰り返しだ!」

と被害者意識をふっとばしています。

そうすると、なんでも好転します。

もちろんね、家庭環境だったりとか

壮絶な人もいますよね。

でも、どこかでマインドを切り替えないと

いつまでもマイナスを引き寄せ続けることになるんです。

みんなで楽しく、自分軸で生きようね。

関連記事

  1. 豊かになる人と、そうじゃない人の決定的な違いとは?

  2. お金は紙切れです。

  3. ゴリゴリ潰れていくお店と、ゴリゴリ稼ぐグレーな連中の話

  4. 売れる商品って基本的に4種類しかない件

  5. 成功者の逆をやると成功する理由

  6. 【成功しない人は常識はあるけど○○がゼロ】

  7. 起業初心者の頃の恥ずかしい話

  8. クレジットカードを使えない人をお客様にするのはやめました。

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加