ケチな部分を太っ腹にすると、チャンスが入ってくる!

起業家はケチな『お得』を追いかけると、本当の運を逃します。
 
僕が交流会を主催していた頃、こういう事をしていました。
 
交流会の参加人数を増やすために、
参加してくれた方に
 
「お友達無料招待券」
 
を作って配っていたんです。
 
で、あるおばちゃんの2人組が
 
お互いに無料招待券を使って、毎回無料で参加されてきたんですね。
 
別にルール上は問題ないですし、僕もあれこれは言いません。
 
でも、そこはビジネス交流会です。
 
おばちゃんたちも当然、ビジネス目的で来ています。
 
「私達、無料券をお互いに使うわね〜」
 
というケチくさいシーンを見た他の参加者は、
 
「ぜひ、この人達とビジネスで組みたい!」
 
とは思わないでしょう。
 
そして主催者である僕も、「良い人がいたらこの人達に紹介してあげよう!」とは別に思いません。
 
つまり、たった900円の参加費をケチるために
自分たちのチャンスや運を遠ざけ続けていたんです。
 
こういう例は他にもあります。
 
例えば、あまり交流がないFacebookの友達に「ページのいいね」をリクエストするのも、、
 
いいねを1つ貰ったからと言って、たいして得はしませんね。
 
でも「ああ、この人は交流もないのにいいねのリクエストは送ってくるんだなあ、なんかやだなあ」と思われて
 
悪印象になってしまったり、友達解除をされてしまったら
 
もしかしたら後々、お客さんになってくれるかもしれない人たちを「いいね」を貰うためだけに…その可能性を潰してしまっているんです。
 
目の前の小銭を追いかけて、
大きな何かを失う例、ビジネス以外でもありますよね。
 
飲食費をケチろうとして
みんなでワイワイしている時に
「俺、そんなに飲み食いしてないんだけど…」
とレジでごねはじめて、みんなから引かれる人とか。
  
こういうケチなお得を追いかけると、結局大きなものを失いますが、逆にこういうケチなところで太っ腹な人は運がどんどん良くなります。
 
成功するのってそういう人が多いのです。

関連記事

  1. 女性におすすめの起業・副業ビジネスとは?【分かりやすく解説】

  2. 同業者の真似をしなければ成功する。

  3. 成功しようとするとやってくる「試練」について

  4. 起業において最強ともいえるスキルとは?!

  5. 起業とは、本来のあなたに戻ることです。

  6. 自粛によって経済に起きたこと

  7. 楽しいところに人は集まる。

  8. キラキラするだけの不安定な集客はやめよう…

LINE@でプチ動画セミナー『30倍結果を出すビジネスの準備の方法』をプレゼント中
友だち追加