結果の出るセミナーの受け方

そういえば、4,5年くらい前。
 
ビジネスセミナーがやたら流行った頃、
セミナーで身につけた知識使ってドヤ顔でアドバイスをするおじさんが大量発生していたなあと思い出しました。
(だいたい女性起業家か、若い男性起業家にアドバイスをはじめる)
 
ビジネスで結果もでていない、実践していないのに
「俺は有名な○○先生のセミナーで学んだから偉いんだぞ!」
みたいな。
 
誰でも参加費を払えば参加できるセミナーなので、偉くともなんともないんですね。
あなたは○○先生じゃないし。
 
 
セミナーにいくと7割くらいは『実践していない人』で埋め尽くされています。
 
この人たちは起業準備のためにセミナーをめぐってるらしいですが、はっきりいうとほぼ意味ありません。
 
なぜなら自分のビジネスを実際に動かしている状態じゃないと
知識が活きた知識として頭にはいってこないのですよね。
 
セミナーを聞きながら
「ああ、これは自分のビジネスのこれに使えるな・・」
とか
「これは今すぐ改善できるな・・・帰ったらさっそく手を付けよう」
 
って考えながら参加してはじめて意味があるんです。
 
 
で、ボクはセミナーで学んだことを誰よりも
実際のビジネスに活用してきたという自負がちょっとあったりします。
 
そんなボクのセミナーの受け方なんですけど
 
・パソコンを開きながらセミナーを聞いて、セミナーで学んだ改善点を現在進行系で…聞きながら実践する(笑)
 
です、学んだら即行動じゃなくて、学びながら行動です。
 
古田「素晴らしいセミナーでした、セミナーを聞きながらずっとビジネスをいじって改善してました!」
 
講師「ちゃんと聞いててください。笑」
 
って会話もありました。
 
 
パソコンを開くのが禁止されているセミナーだったら
とにかく今すぐやれることをメモって
帰ったら速攻で実行です。
 
だから親睦会とかいきません。
 
超高額で参加者に年商何億の人とかゴロゴロいるようなセミナーだったらいきますけどね、
そうじゃなきゃあんまり意味ないです。
 
 

関連記事

  1. 隠れ名店を見つける達人は、起業でも成功する!

  2. 成功するコツは他人の力を「シェア」させてもらうこと。

  3. 教養のある人は長く成功します。

  4. 新のリーダーに常識は通用しない件

  5. 日本人が幸せな成功者になるためには?

  6. 成功したければ『みんな一緒』の洗脳から抜け出しましょ。

  7. 1人のメンターを信仰していると集客は難しい

  8. 男女の脳の違いをビジネスに取り入れよう。