本当に幸運体質になる、誰も教えてくれない方法

突然ですが、
運がいい人と運が悪い人の違いって知っていますか?

もし、あなたがもっと運を良くしたい、幸運の星の下にいたいと思うのであれば…今から言うことはよく読んだほうが良いと思います。

 

運をよくしよう・・・・!というと

パワーストーンを買えば良いのかな?とか
長財布が良いって聞いた!とか

考えるのですが

まあそれもいいとは思うのですが

そもそもの話

みんな運が巡ってきても見事にスルー(無視)しているので

運が良くても悪くても

もはや意味がないなーと思って見ています。

 

だいたい運の良さってそんなに変わらないんですよ。

パワーストーンとかも、焼け石に水みたいなもので

まあ効果がないとは言わないけど、気休めだよね〜というのが実際のところです。(なぜなら受け取り側が依存体質だから)

「あのすごい○○さんに作ってもらったパワーストーンブレスレットなんです!絶対成功しますよこれ」

と言いながら、ジャラジャラ腕につけて

結局、成果もないまま起業の世界から消えていく人を

ごまんと見てきましたし

「○○さんに金運アップのヒーリングエネルギーを入れてもらったし、○○さんの開運講座も受けたし、財布も満月の夜に月光浴させたし、絶対成功するはずです!」

的な人が、
月に数万円しか利益が出ずに

数年たっても同じように月に数万円のために走り回っているのも

現在進行系で目にするのです。

 

いいですか?

運を良くしたければ

引き寄せとか
運気アップの前に

まずは

【受け取る】

ことなんですよ。

 

「今、目の前の幸運や幸せすら受け取れてないヤツが
開運とかいってんじゃねーぜ」

ってことなんです。

周りに男子がたくさんいるのに

「あーあー、どっかにいい男いないかなー」

ってこれみよがしに言う人って

だいたい結婚できないじゃないですか(毒舌)

 

まあそれはおいておいて

引き寄せを頑張る人はいるけど

それと対になっている受け取りをやらないから

現実が変化しないんすねー

受け取るためのコツは色々あるんですが

そもそも現代人って

受け取るための【感覚】が鈍っているので

前の前に幸運がきても

そもそも気づいていないんです。

 

これマジで深刻で

恐ろしいほど、日本人の感性は鈍っています。

例えば、
感性が鈍いと幸運だけでなく危険も察知できないんですよね。

僕が電車に乗っていたりすると
あきらかに挙動がおかしい

たぶん、ほんの少しのきっかけがあれば
周りに危害を加えることもありそうな人が乗り込んでくることがあります。

・視線(眼球の動き)
・表情筋
・姿勢
・歩行スピード

を見れば一瞬でわかります。

これは僕が治安の悪い国(ウクライナ)に若い頃、滞在していたことがあったり、少年院あがりのクラスメイトだらけの学校で育ったり、武道を長年やっていたから

こういう感覚が育ったのですが

うちの奥さんも、お嬢様でおっとり系なのに危険察知の感覚が鋭いのですぐに気づきます。(驚くことに、僕より鋭いことも多いです)

「あ、こいつヤバいな」

って気づいても

その人の周りの人はスマホを眺めているだけで
全然気づいていなかったり
半分眠っていたり、

誰も、警戒心をもっていないんですね。

驚くことに女性すら警戒心を持っているように見えません。

 

よく、街や電車で事件が発生すると

多くの人が犠牲になりますが

加害者側からすると

とってもやりやすいんじゃないかと思います。

危なそうな人がいると

高校生くらいの頃は格闘技をバリバリやっていて自信満々だったので

「もしこいつが暴れたらやっつけてやろう」

と思ってあえて近くにいたりしたんですが(もはや警備員w)

今は守るもののある大人なので
そっと離れます。

 

【金持ちケンカせず】
【君子危うきに近寄らず】

 

が今の信条です。

 

さて、現代日本人が深刻なのは

感覚が鈍く

幸運も危険も察知できないため

運はつかめないし
危険から逃げることもできない。

ということなんです。

もったいないし危ないですよね。

 

じゃあこの感覚を養うためにはどうすればいいのか?

というと

ズバリ

「自然の中に入ってください」

です。

 

海が好きな人はサーフィンでもいいですし
僕は山が好きなので、ひとりでふらーーっと登山に行きます。

山に入ると、感覚が鋭くなります。

山で修業をする山伏の人たちも
感覚を鋭くするために山に入ると言いますが

自然の中にいれば

誰でも自然と、感覚が開くんです。

最近、お寺の方に
「古田さんの魂は、もともと役行者(えんのぎょうじゃ)ですね」

と言われました。

役行者って誰?って思ったのですが、調べてみると

山で修業をする山岳信仰の開祖であり。

天狗みたいな仙人みたいな人で

人間も鬼も関係なく弟子にしていた人だそうです。

 

今までスピや星読みやらで
僕の前世などなど

色々な人に教えてもらったことがあって

全部そのとおりなんですが

役行者について調べていると

100%しっくりくるというか

やっと本当の自分を知れた気がしたんですよね。

結構、山伏の修行って
感覚を研ぎ澄ますためのものが多いんですよね。

絶食も、危険な山道を登るのもそうです。

 

でも、そんな危険なことまでしなくても大丈夫です。

絶食しなくても、軽いファスティング。
危険な山道にいかなくても、親子で登れるハイキングコース

でOK

関連記事

  1. 2020年はやっと副業が定着を始める。

  2. 金運を上げる最高の方法

  3. お金持ちってどんな人たちなん?

  4. 魂のレベルと理解

  5. 不運を避け、幸運になる方法

  6. 成功するためのマインドセット

  7. 「儲かるから」でビジネスをしても、満たされない人生が始まります。

  8. 陰謀論でもなんでもない真実のはなし