起業

教養

教養や学問なんて…
ビジネスでは役に立たない!

という意見をSNSなりYouTubeなりで
目にすることがあります。

たしかに…
そう言いたくなる気持ちは分かります。

なぜなら、教養なんてゼロでも
セールスやマーケティングなど
直接ビジネスに必要なスキルさえあれば

大きな売上を上げることは可能だからです。

しかし…

教養が必要な真の理由が

教養がない人は一時的に売り上げても
消えてしまうことが多く

長く安定してビジネスをする人は
なんだかんだ本が好きだったり
学ぶことが好きだったりと

教養のある人が多いんです。

だから、教養ってすごく大事なんです。

とはいえ、時間がない中で
ビジネスも子育てもしている人に

「教養も身につけましょう!」

なんて言っても

そんな時間あるわけねーだろw

って感じですよね。

起業初心者のうちは
今、売上に繋がる知識以外は
別になくてもいいです。

でも、ある程度
安定して売上が立つようになったら

少しずつでいいので
教養も身に着けていくのがおすすめです。

教養と言っても何を…?
と困る人も多いと思いますが

哲学
生物学
歴史

を抑えていれば良いと思ってます。

哲学は生き方や人生観が深まるので

発信に深みが増したり
生き方に深みが増したり
自分ビジネスの在り方や
社会貢献のミッションなどを
形作る基礎になるからです。

ちなみに、仏教や禅も哲学の一つです。

生物学を学ぶと
生き物の生存戦略をすることができます。

ビジネスの生存戦略を考えるうえで
大きな基礎となるんです。

最後に歴史ですが

学校で勉強するような歴史の学び方は
しないでください。

年号を覚えてなんの意味があるんでしょ。

興味のない歴史も学ばないでください。

あくまで、
興味があることを好奇心で学ぶから
教養が地となり肉となります。

もし世界史や日本史に興味がなければ
自分のやっているビジネスの歴史を
学んでください。

ていうか自分のビジネス業界の歴史は
まじで全員知っておいたほうがいいです。

例えば

イメージコンサルタントなら
ファッション史や
有名ブランドの歴史を学ぶと良いし

スピ系なら
古代帝国からの呪術やシャーマンの歴史
近代日本の占いビジネス史を学ぶといいし

ダイエットコーチなら
ダイエットの歴史を…
例えば中世ヨーロッパの貴族は
ダイエットのために食事を吐いていたとか
それくらい初期の歴史から学ぶと
深みが出てきます。

哲学、生物学、歴史
この3つはおすすめですが。

他にどんな教養ジャンルでも
興味と好奇心があれば
それがあなたにとっては最善です。

関連記事

  1. お城を作るようにビジネスをしよう

  2. 勝手に人を見下すなよ

  3. 心が根幹にある。

  4. 法則性が分かれば願いは叶う

  5. 因果の法則でビジネスを見る。

  6. 運をつかむのは可愛い人

  7. 戦前の日本にいた天才とは?

  8. 4つのマインドステージとは