未分類

批判系投稿をやりすぎると…

InstagramやThreadsを見てると

物申す系リール
批判系ポスト

が流行っていますよね。
どんどん流れてくる…という声もチラホラ

批判系投稿はあまりオススメしません。

もちろん、僕もどうしても言いたいことがあれば
辛口、批判でも発信しますが

注目を集めたり
リーチを伸ばしたり
信者を集めるために
あえて批判投稿をするようなことはしません。

批判系投稿って
共感すごい集まるし
ファンには絶賛されるから
癖になるんですよね、単純に快感なんです。

でもそれをやりすぎると…

批判系投稿で集まってくる人たちは

当たり前ですが批判が好きな人たちです。

プライベートでも
誰かの噂話、悪口を言うのが好きな人たちです。

この人たちが集まってきて
お客さんになっていきます。

さて、そんな人たちをお客さんにすると
最終的にどうなると思いますか?

いつの日か、あなたのことも批判してきます。

因果応報ですね。

また、批判系投稿をすると
そのつもりがなくても
流れ弾が身内(お客さん)に刺さります。

例えば

Threadsである起業家さんが
スピ系を強く批判する投稿が流れてきましたが

スピ系を批判する起業家さんのお客さんの中にも
スピ系の人や、
スピリチュアルが好きな人もいるはずです。

スピリチュアルで救われた人もいるはず。

その人たちは、静かに傷つきます。
で、音もなく静かに離れていきます。

もしくは、見えないところで批判をします。

批判系投稿をして各方面をぶっ刺してると
流れ弾が身内に当たり
静かにゆっくりとコミュニティが崩壊するんです。

静かに離れていくし
批判も目に見えない場所でされるし
客層が女性ならなおさら、
表面上は変わらず愛想が良いので気づけません。

でも批判をしている時は快感だし
大絶賛をしてくれる人たちが周りを固めるので
余計、気づきません。

すると

いつのまにか人が減ったり
大事だと思っていた人が去っていったり
していきます。

あと、コミュニティ内でのトラブルも増えます。

そういう内々のことはSNSでは表に出さないので
外からは見えませんが
批判系投稿を続けていくとだいたいそうなります。

何も、批判を全くしてはいけない
というわけではなく
それを常にやっていると
まあヤバいですよって話です。

僕だって、どうしても言わなきゃいけない!
という使命感があれば辛口発信もします。

でも、
基本的には誰も傷つけない発信を
する必要があるんです。

関連記事

  1. 学ぶ技術