学ぶ技術

うっす古田です。
 
学生って
勉強方法とか、効率的な学び方を知りたがるものですが
 
なぜか大人になると【学び方】について学ぼうとしなくなりますよね、意外と盲点。

 
基本的に結果を出す起業家って、実は学び方が上手なんです。

 
例えば、高額なスクールなり教材なりを買ったとします。
 
で、実際の講座の内容がぜーんぜんダメ、ほとんど詐欺じゃね?と思うような内容。
 
こういう投資をしてしまった時でも、僕は全然「損をした」とは思いません。
 
なぜなら、そんなしょーもない商品でも、実際に高額で買ってしまったからです。

 
ってことは、買うまでの心理的な流れが上手に作られているんですよね。

 
LINEやメルマガの文章が上手だったり、盛り上げ方や期待感の上げ方が上手だったり、セールスレターが上手だったり…
 
買ってしまった直後だからこそ、どこが良いのか?が分かるじゃないですか。
 
なので、それを学んでいけば充分元が取れるんですよね、実は。
(ただし、土台となる基礎知識がないと学べないですけどね)
 

ちなみに僕は今年の投資額がすでに300万近いんですが(まだ前半w)
 
適当に投資しているわけではなく、ちゃんとお金を払うまでの心の動きがあるんですよね。
 

ちなみに昨日も、30万のコミュニティスクールに入ってみたんですが
 
昨日の深夜に入って
 
まず、お申込画面やセールスレターを見て
 
「あー、たしかにこの流れでこう書かれたら欲しくなるよなー、で、ちょうどこういう疑問が浮かんだ時にちゃんとそれに答える情報がおいてあるし、上手だなあ」
 
って分かるわけです、まずはそこから学ぶ。
 
 
で、入会後はスクールの案内のメールが来たり、
最初にまずはここに入っておいてくださいとか、
これを学んでくださいとか来るんですが
 
わかりやすくなっているか?
顧客が迷わないようになっているか?
買って正解だった、と購入後の不安感を払拭してくれるようなメッセージになっているか?
 
などなどを顧客視点で体験します(まあ実際に顧客ですからねw)

どうしても自分が運営側だと、顧客目線を持つのが難しいので
たまにこうやって顧客になる体験をすると、自分のやり方の改善につながるんですよね。

そこまで学んでから、やっとスクールの教材(つまり本来学ぶべきコンテンツ)に手を付けていくわけです。

今日は集中して教材を消化してます。

昔の日本人が、クジラの体をすべて残すことなく利用したように、
僕は購入した商品の骨の髄まで学び倒します。

いい商品でも微妙な商品でも、無駄になりません。

関連記事

  1. 脳の潜在能力

  2. かわいがられる人になろう