起業

キモい売り方…

過度に実績自慢やマウンティングの発信をして不安を煽っては、それを解消するビジネスを売る。

そんなマッチポンプビジネスをするのってもうぶっちゃけ、キモくないですか?

マウンティング合戦をしなくても、不安を煽らなくても、しっかりと幸せに感謝されながら売れていく方法に目覚めるといいですよ。

不安を売る人たち、「アンチが来た」とか「私に嫉妬してる」という人が多いけど、アンチっていうのは反作用なんです。

つまり、負のパワーなんだよね。負のパワーは多くの人を不安にさせたり傷つけながら進んでいくんです。

だから、アンチが出てくる。もう、マウンティングも自慢もやめて、穏やかなビジネスに目覚めませんか?

マウンティングしないと売れないとか、煽らないと売れないとか、不安を刺激しないと売れないとか、ゴリゴリ押さないと売れない、そして小手先の嘘を使わないと売れないとか、そういうのは全部嘘です。

正確には5年前はそういう世界だったかもしれません。でもこれからの時代、そういうやり方でやっている人は消えてしまいます。

でもそういうやり方で売り上げを上げてきた方ほど、小手先のテクニックを捨てたら売上が下がるんじゃないかと不安になります。

もしくは、ゴリゴリのセールスをやめたらクロージングできないんじゃないかという不安を覚えてしまいます。
そうすると手放すことができないという状況に陥ります。

ぶっちゃけ、僕も手放すのが難しかったのです。

でも不安を手放して穏やかなビジネスを手に入れたら売上はむしろ伸びました。

しかも疲れないし、人ともっと仲良くなることができるようになりました。

そもそも、過度に煽るようなやり方はLINEも凍結されるし、インスタも凍結されるし、クレジット決済も止められたり、これから世の中の動きとしてどんどん廃れるようになっていきます。

もう不安でビジネスをするのやめませんか?

売り上げがないと不安、クロージング率を下げたくない、貯金がないと不安。不安が起点でビジネスをやっても、マイナスから始めたものは、マイナスの結果になります。

僕自身、不安でやっていた時は、売上を上げればあげるほど、コミュニティが大きくなればなるほど、成功しても成功しただけ、逆に不安が大きくなっていました。そして夜も眠れない日もありました。

不安を起点にしたり、不安を煽って買わせたり、そういう負の世界から抜け出して、穏やかに豊かさを循環させる、そんなビジネスがこれからは生き残り続けます。

今は時代の過渡期です。僕はアホですが、偶然、このビジネスのやり方に出会うことができました。色々な方が、気づきをくれたり、教えてくれたおかげさまです。

関連記事

  1. 嫌われる覚悟でお伝えする時

  2. ビジネスで一番大事なもの

  3. 選ばれる起業家は関わる人の幅が広い

  4. 人に嫌われたくない?

  5. 新時代の起業

  6. ステージを上げ続ける人になるには

  7. 2024年はあなたらしく居ていい!

  8. ビジネスの真髄