起業

批判的思考

批判についてどう思いますか?

批判はされたくない
自分も批判をしたくない
批判するのはよくない…

と、ネガティブな印象ですよね。

でも、僕は批判も必要だと思っています。

なぜなら…

建設的に批判を使うのであれば
そこには大きな進歩があるから。

例えば、新しい世代が
今の社会に対して無批判だったら

進歩は生まれないと思いませんか?
坂本龍馬も
西郷隆盛も
世の中に批判の気持ちを持っていたから

あれだけ世の中にインパクトを
残すことができましたよね。

起業家は今、主流になっているビジネスへの
批判思考を持つことで
新しいコンテンツを生み出すことができるんです。

例えば僕の場合は…

5年前のセミナーブームの時は
タケノコのように起業コンサルが生まれましたが

当時の起業コンサルは
自分以上のカリスマを出さないように
ノウハウの一部しか教えていない人が
多かったんです

僕はそんな業界に批判的思考を持ち
自分は、すべてのノウハウを教えて
自分以上の人を育てるつもりで
コンサルをしてきました。

結果的に口コミが広がり
多くの起業コンサルが消えていった中
続けていくことができたんです。

今も批判的思考で業界を見て
自分のポジションを創っています。

例えば…

起業コンサルであれば
男性コンサルだと
怪しい人やギラギラした人が多いので

そういうのが苦手な人たちは
近寄りがたいですよね。

マウント的な人も多いし
年商いくらだとか自分の数字を誇ったりとか

そういうのが苦手な人たちもいます。

だから僕は、
怪しくない、ギラギラしない
マウントを取らない男性コンサル

というポジションで一定の支持を
いただいているわけです。

潜在意識のセラピー協会もやっていますが

潜在意識系の方ってどうしても

潜在意識最高!
顕在意識はいらない!
マーケティング?理論?いらない!

という極端な思考になちがちなんですが

顕在意識は必要だから備わっているのだし
「潜在意識」とか「自分らしく生きる!」
に極端に寄りすぎて
周りに迷惑をかける人もいるし

バランスよく
顕在意識も潜在意識も
直感も思考も
どっちも大事にしようね。

というポジションでやっています。

業界のほとんどの人たちがやっていることや
言っていることに批判的思考を持って
自分のコンテンツやポジションを作ると

同じように違和感を持っている人たちって
潜在的に割りとたくさんいるので

そういう人たちに支持されるんですよね。

業界で主流とされていること
業界のトップが口を揃えて言っていること

そういうのと同じことをやっても
弱小起業家が売れるのは難しいのです。

だってそんな人はたくさんいるし
大物的な人も同じことをやっているから

でも批判的思考で業界を見て

・これは違うなと思ったこと
・顧客が不満に思っているであろうこと

を自分がやると
自分だけのポジションができて
弱小でも売れていくことができるし
支持を集めることができるんです。

だから、批判的思考って
良いように使えば
めちゃめちゃ建設的なんです。

新しいものを作り出すから。

もし、新入社員がみんな無批判だったら
会社は成長しないだろうし

もし、新しい世代が社会に無批判なら
社会は衰退するだろうし

もし、業界に無批判な人しかいないなら
業界もゆるやかに衰退するでしょう。

だから、批判的思考でビジネスをすることにより
自分も売れることができるし
業界も活性化するし

いいことしかねーんすよね

関連記事

  1. これからの時代に伸びる組織

  2. ビジネスは防御が大事

  3. 火花を出さないビジネス

  4. 常に募集をするのはNG?

  5. 自分より凄い人がコンサルを受けてくれる秘密

  6. 過度に権威性をつけると…

  7. 生き方で人生が変わるよ

  8. 一発屋で終わらないためには。