自分のすごさ、わかりますか?

自分の良いところってなかなか気づかないんですよね。

なぜかっていうとそれが自分の中では当たり前すぎて、気づかない。

得意なことほど気合入れなくても自然にやれちゃうから
得意なことほど【やってる感】や【がんばってる感】がないから、自分が得意なことにも気づかない。

もっと広い話をすると、日本人ほど日本の良さって分からない。

僕の友人が2人、ウクライナから日本に遊びに来てくれた時
東京の端っこにある小さな商店街の、もんじゃ焼きを食べに連れて行ったんだけど

そのもんじゃ焼き屋のおばちゃんが
もんじゃを焼くの手伝ってくれて、めっちゃおしゃべりなおばちゃんだったんだよね。

その友人は米国系のIT企業に務めるエリートなんだけど
よく出張で米国にいくのよ。

もんじゃ屋でさ

「こんな親身にサービスしてくれるの、アメリカの高級レストランでもありえない!」

って絶賛してて

日本のおばちゃんすげーーって思ったんだよね。

 

で、話は戻るけど、

僕たち個人も、なかなか自分のいいところって気づかないよね。

自分にないものに憧れて、自分にないものを自分より上にしちゃうよね。

例えばさ、
「私なんてカリスマ性もないし地味だし、実績もないし」

って言う人が多いんだけど

別に誰もがカリスマからコンテンツを買いたいとは思ってるわけではないのよ、
カリスマ的な人って圧があるし人を緊張させる側面もあるから。

それよりは「地味だし‥」って言っているような人のほうが落ち着いてるから
そっちのほうがいいですーってお客さんって一定数いるんだよね。

その一定数が取れるなら全然いいじゃん。

つまりどっちでもいいんですよ、どっちでも個性なのでオーケー。

実績があるのは強みだけど、
実績がないからこそ、実績づくりのために本気でやります!…って、実績がある人には言えない強みを出せるよね。

なんかさー、自分を卑下するのがくせになってる人多くない?
Twitterで日本の文句ばっかり言ってる人たちと同じだよ、それ。

もっと自分を認めなよ。

関連記事

  1. 好きなことで起業をする必要は全くない。

  2. 大人って素晴らしい!大人万歳!

  3. これからの時代、輝くビジネスとは?

  4. AIの時代=個人ビジネス最強の時代説

  5. あなたが成功するのはカンタン!

  6. 起業初心者の頃の恥ずかしい話

  7. 教養のある人は長く成功します。

  8. ユニバに学ぶ逆張りマーケティング