起業

惜しまれるビジネスが最高

20代の頃、僕が慕っていたある女性実業家は

「なくなったらみんなが困る会社を作りなさい
そうすればみんなが支えてくれるから潰れない」

と教えてくれましたが…

本当にその通りだなと今あらためて実感します。

起業界隈を見ていると

自分が稼ぎたいから…
自分がやりたいから…
自分が願望実現をしたいから…

と自分のためだけにビジネスをやる人が多いです。

自分のためにやるのは悪いことではないです
僕だって自分のためにやってます。

でも【自分だけが得をするビジネス】
って長続きするでしょうか?

仏教や禅の世界では「私」とは「相手」がいてはじめて存在する。

という教えがあります。

ビジネスも同じ、相手がいて成り立ちます。

自分だけが得をするビジネスはたとえ一時的に上手くいっても

どこかで落ち目になった時や

何か大きなトラブルが起きた時

誰も応援してくれないし支えてくれません

だからいつか終わります。

別に、自分のためにビジネスを始めるのは悪いことではないです。

でも、始めたからには

自分だけでは成り立たないのです。

恋愛だってそうでしょう

寂しいから、愛されたいから
恋人を探す。

でも実際には相手がいるわけです。

相手に対する思いやりや
一緒に同じ方向を向いて
お互いに欲しい未来に向かっていく

だから恋愛は上手くいきますよね。

ビジネスというのは
いかに自分以外の人に得をさせることができるか
が大事なんです。

金額以上の価値を提供することによって
お客さんを豊かにする
ビジネスパートナーを豊かにする
関わる人みんなを豊かにする
社会を豊かにする

そういうビジネスだからこそ
愛されて、支えられて長続きします。

うちだって、支えていただいています。

集客のうち2割は口コミからの方ですし
認定コンサル、認定セラピストとして
活動してくださる方々がいるし

もっと大きなことで言えば
日本という国を整備して運用する人たちがいるから
この国で安心してビジネスをできています。

だから節税はするにしても
必要な税金は払うことが大事。

meta社がInstagramを運営してくれるから
こうしてSNS活動をすることもできています

だからInstagramに広告を出して
還元していくことも重要だと思ってます。

そうやって支え合っていることを自覚すると
安心と豊かさに包まれるんですよね。

そうやって
感謝と還元
関わる人に得をさせ続ける

そんなビジネスであれば
長く続くと思いませんか?

なくなったら困るようなビジネスをできてますか?

もしなくなったら
どれくらいの人が惜しんでくれますか?

売上ってすごく大事ですが
同時に
「もしなくなったら何人の人が惜しんでくれるか」
というのもビジネスの目標値にするのも
ありだと思いますよん。

関連記事

  1. 長くSNSで売れる起業家の条件

  2. ビジネスの真髄

  3. 衝撃、最初に売ったコンテンツの価格

  4. 起業しても結果がでない理由

  5. コンサルや起業スクールの選び方

  6. 人間的深みってどうやって身につく?

  7. 小さくても長く続く起業家の法則

  8. そもそも売れるにはこれが大事