起業

あなたのままで愛される起業

僕は自分のダメなところや
クソなところも愛しているので
「そんな自分もかわいいな」と思って認めてます。

例えば
ついサボっちゃう時もあって
そんな自分もかわいいし

つい無駄なお金の使い方をする時もあり
そんな自分も人間らしくて好きだし

鼻持ちならない人のビジネスが落ちてると
見てて楽しい気分になってくるので
そんな性格がクソな自分もかわいいし

そうやってダメな自分も引き受けて
愛して認めているからこそ

人からも愛されるんです。

自分のダメなところやクソなところを否定して
なかったことにしていると
他人にも良いところしか見せられません。

だから、ダメなところまで愛されない
上っ面でしか好かれないんです。

今日、コンサルの受講生さんに
こう相談されました。

「私は幸せについて発信しているのに
自分が幸せじゃない時もあるから
発信する資格がないのではと悩みます」

これは、

幸せな自分➔良い
幸せじゃない自分➔悪い

ってジャッジをしているからなんですね。

人間は自然の一部なので
バイオリズム(ゆらぎ)があります。

だから一日の中でも
ポジティブな時もあれば
ネガティブな時もあります。

それは自然なことです。

大切なのはネガティブな自分も含めて
まるっと引き受けて愛すること

ネガティブもジャッジせずに楽しむこと

例えば

例えば僕は若い頃にプチ鬱だった時代が
あるんですけど

基本的にネガティブで、世界に絶望してました。

じゃあその時代は不幸だったのかというと
そんなことはなく
その頃はネガティブを楽しんでいたんですよね。

その時代はブログで小説を書いていたんですが
ネガティブだからこそ才能が湧き上がってきて

ネガティブさや絶望、悲しさを
小説にぶつけていたんです。

その時って、すごく快感だったし
小説ブログ総合ランキングで4位までいって
その小説は多くの人の心を動かしました。

そんなふうに
自分のダメなところ、クソなところ
ダサいところ、ネガティブ、陰を引き受けて

ジャッジせずにまるっと愛していくと

自分に許しを与えることができます。

すると

自分が自分に許しを与えていると

周りにいる人も

許されている感を受け取ることができます。

そうすると
お客さんがどんどん良くなっていったり
コミュニティが自立的に動いたり

ビジネスもすべてが良い方向に
勝手に進んでいくんですよね。

晴れの日は太陽光を受けて楽しむ
雨の日は雨の音を楽しむ
ポジティブもネガティブも楽しむ

そういう人の元へは
良いお客さんがやってきます。

逆にジャッジが強い人の元へは
ジャッジの強いお客さんがやってきます。

その人達は少しでも
あなたの陰の部分を見たら
あなたに失望したり怒ったりします。

それってしんどいですよね。

自分に許しを与えていると

あなたの陰陽すべてを
愛してくれる人たちがやってきます。

あなたのままで愛される

そんなビジネスのやり方が
僕はいいなーと思うのですが

いかがでしょうか

関連記事

  1. 過度に権威性をつけると…

  2. コミュニティ時代の繁栄方法

  3. 戦前の日本にいた天才とは?

  4. 自己投資は3つのバランスが大事

  5. ビジネスは豊かさを拡大させるツール

  6. ビジネスは防御が大事

  7. 教養

  8. 長く続くビジネス