起業

火花を出さないビジネス

5年以上起業家を育ててきてわかったのが

ビジネスが続かない
消えてしまう、つらくなってしまう人は

火花を出し続けるやり方で
ビジネスをしているんですよね。

火花ってなんですか?っていうと

よく、火花をバチバチに散らすとか
言いますよね。

人間関係の摩擦やトラブル
精神的な怒りや不満

願望達成するために発生する
そうしたものを火花と呼んでいます。
火花がバチバチに出るのは

・認められたい
・コンプレックスを解消したい
・見返したい
・称賛されたい
・評価されたい
・愛されたい

という不足感から来ているから

こうした気持ちはパワーはありますが
同時にたくさんの花火を出します。

やっててしんどくなります。

なぜなら根底にあるのは

・不足感
・渇望感
・絶望感
・自己否定
・人間不信

だから。
僕自身が、ずっと火花をバチバチに散らしながら
突き進んでいましたw

花火か!ってレベルで。

僕の場合は、劣等コンプレックスから

・見返したい!
・すごいって思われたい!
・見下されたくない!
・認めさせたい!

という想いが強かったです。

その結果、色々なトラブルがやってきたり
嫉妬されたり(嫉妬したり)
成功しても不安感が大きくなったり

まあやっているだけで疲れるし
そうとうしんどかったですw

他にも火花が発生する要因としては

・いつまでに達成するという時間制限を作る
・無理にポジティブに走る
・売上至上主義に走る

などがあります。

よく、成功本とか自己啓発本では
「目標を決めて期限を作れ!」
と言いますが

あれはめちゃくちゃ火花が出ますw

っていうか自己啓発本に書かれた
成功法則って
だいたい火花バッチバチのことが書かれています。

で、僕自身は火花を散らすのをやめて
(火花散らしながら走るのはw自分にも他人にも迷惑やなw)

穏やかに結果が出るビジネスにシフトしたんです。
その結果
今まで10の力で10の結果を出していたのが
2の力で10の結果を出せるようになりました。

出せるというか、勝手にそうなるって感じです。

うちの起業スクール、起業の家が
きらびやかな表彰式をやらないのは

「今年一番売れた人」「活躍した人」
的な表彰式をやると
ビジネスをするモチベーションが
「認められたい!」に流れてしまうので

火花を散らすようになるからです。

ネットワークビジネスとかに多いですが
そういう認められたい欲に全員が影響されると

無理な営業をし始めたり
売上を誤魔化し始めたり
身近な人にお金を貸して商品を売ったり

まあとにかくトラブルや無理のルツボになりますw

実際に、受講生さんに
「表彰式とかやりたいですか?」って聞いたら

めっちゃ首を横に振ってましたw

表彰式とかランキングとか
自己顕示欲を刺激することをすると
団体全体が火花をちらして

団体そのものの評判が落ちたり
色々な摩擦が生まれて

外見はきらびやかだけど内部はボロボロとか
外見も内部もボロボロとか

そういう結末になります。

さすがに5年以上この世界にいると
色々な団体やコミュニティの内情も
耳に入ってくるのですが

この法則は本当にわかりやすいなあと思います。

・キラキラしたい
・すごいって思われたい
・田舎コンプレックスから都会的に見られたい
・称賛されたい、愛されたい
・○○さんに会えました!
って言われる側になりたい!

という気持ちが強い方々、
僕の起業仲間や知人でもたくさんおったのですが

心配になるくらいトラブルが起きて
精神的にやられたり
つらいことが起きて起業の世界から消えたり

ほんと、最終的にそうなる方が多いです
(一時的に売れっ子になったとしても)

しかし、そういう気持ちもエネルギーは強いから
ゼロイチ達成はできるんですよねw

僕自身もゼロイチ達成はそういう気持ちが
すごく強かったし、
15年くらいずーーーっと
「見返してやる!!」
で生きてましたw

そりゃもうヤケドだらけよw
な・の・で
コンプレックスとか
自己顕示欲とかで

バッチバチにゼロイチ達成するのも
必要なステージだったりするんだけど

でもどっかで卒業せんと
しんどいよーーーってことなんすよね

関連記事

  1. 近所のスーパーで第三の目を開く方法

  2. 起業家が不安や焦りから救われる方法

  3. 小さくても長く続く起業家の法則

  4. 常に募集をするのはNG?

  5. 不安を起点にしないビジネス

  6. 教養

  7. これからの時代に伸びる組織

  8. ありのままで愛される