雑記

お金を頂いてビジネスでやる意味

ボランティアや趣味ではなく

お金を頂いてビジネスとしてやる意味

って考えたことありますか?

安くないお金をいただく意味は

大きく2つあると思っていて…

1つめが

お互いにコミットできるということ。

お金をいただくと、当然ですが

責任が発生します。

この責任がめちゃくちゃ大事で、

ボランティアでやることって

責任がないのが1番の問題なんですよ。

実は僕は若い頃、福祉業界にいたんですけど

ボランティアの人たちが

仕事に入ってきて絡むこともあるんですよね

めちゃ愚痴っぽい雰囲気になりますが、ぶっちゃけ

ボランティア、仕事の邪魔でした。

 

ボランティアで障害者支援をするのは

悪くないことだと思いますよ。

しかし、

給料をいただいて責任をもって

支援をする僕たちに対して

「私たちは無償でやる良い人なのよ!」

という変なプライドを感じましたし

こちらとしては責任のないボランティアさんに

大した仕事はあてられませんし

責任ある仕事や、大変な仕事もさせません。

でも責任を持たずにボランティアでやっている人ほど

妙にプライドが高く

私は分かってるのよ感が高いです。

まあ子育てしたことがないのに

子育てに口出してくる人っているじゃないですか

あれと同じ感じです。

 

 

泣いたり笑ったりしながら

障害者の方と本当の意味での苦楽を

共にしたことがないのに

なにかの研修やセミナーや

ボランティアでちょっと関わっただけで

【私は分かってる】と言わんばかりに

職員に口を出してきて邪魔だし

無駄に仕事増やすし

まあ嫌いだったんですよね、わはは。笑

今は別にどうも思わないですよ。

その人が成長の過程としている

ステージがありますからね。

でも当時は嫌いでしたw

で、ビジネスも同じでさ

無料や低単価でやっても

責任もないし、

自分もお客さんもコミットしないから

結局お互いの時間だけ無駄になるんだよ。

 

 

安くないお金を投資していただくから

お客さんもコミットをする、本気になる。

安くないお金をいただくから

大きな責任が発生する、パワーが増す。

これがビジネスの良さです。

そして2つ目が

お金をいただくということ自体が

自己投資意識の低い人や

コミットのできない人を

自分のビジネス世界に入れないための

結界になるんですよね。

安い金額や、

まして無料で起業コミュニティを作ったら

まあひどい有り様になると思いますw

 

 

安くないお金をいただいて

やる気のある人たちだけが来るから

前向きで本気の人たちだけが集まる

起業コミュニティができあがるのです。

別に起業コミュニティじゃなくても

どんなビジネスでもコミュニティでも同じです。

お金は結界なんですよ。

安くないお金をいただいてビジネスをやる意味は

1.責任とコミットが生まれるから、大きく変化する

2.結界になるから、素晴らしい人たちが集まる

この2つなんです。

関連記事

  1. 心が根幹にある。

  2. かわいげのある人

  3. コスパが必要な場所と、不必要な場所

  4. 長くやるつもりになるとすべてが好転する

  5. 近所のスーパーで第三の目を開く方法

  6. 歴史を知ると未来が視える。

  7. 不安を起点にしないビジネス

  8. ないものねだり