雑記

頑張らなくて良い…はステージによっては逆効果

ぶっちゃけて言います。

自分らしくいればいい
頑張らなくても大丈夫

系の考えって誰にでも
フィットするわけじゃなくて

努力が必要な
ステージってあってさ

そこをクリアしていない人が
「頑張らなくても宇宙がなんとかしてくれる」
ってやってると

全然何もできないままなんすよね

起業の世界を見ているとね

願望実現できる人や
周りから尊敬されて愛される人って

若い時に、何かをしっかり努力して
ある程度以上、
やりきった経験が必ずある人なんです。

それは受験勉強だったり
スポーツだったり語学だったり
営業職でバリバリやってたり

なにかしらを中途半端ではなく
継続して頑張った経験があるんですよね。

僕の場合はそれが武道でしたけども

やっぱりそういう経験がある人とない人
決定的に何かが違う、芯が違う。

そういう努力ステージをクリアしてない人が

自分らしくあるだけで
何もしなくても宇宙がなんとかしてくれる

的な潜在意識の使い方をしようとすると…

周りのことを無視して本能のまま
自分勝手に努力を放棄しているだけだったり

すべてを運勢やカルマや
インナーチャイルドのせいにしたり

ズレていることを続けるんですよね。

「がんばる教」から抜け出しました!
で上手くいっている人って
元々頑張ってた人であって
頑張った経験がない人が
「がんばる教はやりません!」
って言ってもただのヘロヘロちゃんなんです。

僕は頑張らずにいい感じに力を抜いて
願望実現をするのが得意になりましたが

じゃあ僕の若い頃の努力って
必要なかったのか?

って言えば、あれがなかったら
絶対に今の自分はないんです。

ようするにどういうステージにいるかで
課題やアプローチって違うんですよ。

まだ努力が必要なステージにいる人は
努力したほうがええの。

宇宙がなんとかしてくれるのは
もっと上のステージなんよ。

関連記事

  1. 潜在意識や引き寄せの落とし穴

  2. 不安を起点にしないビジネス

  3. 運をつかむのは可愛い人

  4. 直感を磨いて危険を回避する方法

  5. ○○がないと広がらないよ。

  6. 創造主は女

  7. 起業しても結果がでない理由

  8. 長くやるつもりになるとすべてが好転する