起業

下積み経験って必要ですか?

下積みって大事だと思いますか?

僕は意外と大事だったなって思います。

古田は意外と下っ端経験が長くて
15歳の時に新聞配達

空手道場では、諸先輩方にお酒をついだりして、

大学生の時にフィットネスクラブスタッフ
他にも諸々やって

20代の時は4年間くらい
非正規で福祉系の仕事をしてました。
(内容と責任は正規と同じw)

なので、下っ端経験=下積み

を結構しているんですが
今になって思うのが

下っ端経験があると
下からの景色が見えるようになるんです。

若くしていきなり成功者

って方を見ると
すごいなーって思うんですが

僕みたいに下積みをしてきた人間の強みは

下からの景色がわかることなんすよね

例えば、ビジネスをする上で
誰が信頼できる人間なのか
本質的にどんな人間なのか

見ていくってすごく大事なんですけど

下からの景色が分かると

あの手の人、上の人にはいい顔するけど
部下に対しては二面性あるんだよな…

とか

あのタイプの人は
人当たりは良いけど
責任感はなくてのらりくらりが多いよな

とか

あのタイプの人は
不器用だけどいざという時
結構頼りになるんだよな

とか

あのタイプの人は
結構フラットに物事考えてるよな

とか
下っ端時代の経験から
なんとなくだけどわかりやすい。

もちろん100%わかるわけじゃないし
そんなに人を見る目があるなんて
奢ってないんですけど。

でも、下っ端経験があるからこそ
ない人よりは、人の本質が見えますよね

あの人が上司だったら
当たりだなーって思う人と
あの人が上司だったら
なんかきつそうだなー
って思う人

今でもなんとなくわかるよねw

だからこそ下っ端時代の
最悪だと思ってた上司も
二面性のヤバい管理職も
めっちゃいい人だった先輩も
恩のある上司も

すべてが活きているんだよな!

関連記事

  1. ビジネスで一番大事なもの

  2. 批判的思考

  3. すべては自ら選択している。

  4. 長くやるつもりになるとすべてが好転する

  5. 運をつかむのは可愛い人

  6. 崇拝はリスペクトではない

  7. 教養

  8. ブランディングにはハイブランドより…