起業

コミュニティ時代の繁栄方法

あなたが起業家として集客すると
お客さんが集まってきて
それが自然とコミュニティとして形成されたり
その気になれば組織を作ることにもなります。

というかこれからの時代は
コミュニティがないビジネスは売れにくいです。

コミュニティの時代です。
そこで大事なのは…

治世(ちせい)です。

「治世が大事」なんて
どのコンサルも言わないですよね。

治世とは、
コミュニティや組織を
トラブルなくいい感じにまとめるってことです。

なぜなら、多くの起業家は
コミュニティや組織、チームを作ったのに
破綻してしまうからです。

僕も協会を運営していますが

協会のトップが集まる会合では必ず
「裏切られた」とか
「裏切られないためには」という

話題が上がるそうです。

この場合の裏切られるとは…
協会のメンバーさんがコンテンツを真似して
独立して人を引っ張ってしまうことを指します。

大きな協会でも、元々は
別の協会を裏切って独立した…
という話もよくあります。

そうやって独立した協会も
どこかで裏切られたりするので
因果応報だなと思います。

ちなみにうちはそういうのは今までないですが
もし、そういう方がいたとしても
「裏切られた」とは思わないです。

単純に、
うちにいるメリットを
感じてもらえなかっただけだと思います。

基本的に独立されたくないのであれば

メリットとプラスの感情の2つを
与える必要があります。

昔風の言葉で言えば

利と情の2つです。

利=メリット
情=プラスの感情

要するに

独立するよりうちに居たほうが
色々な面でお得だよね。

という仕組みを作れば
そもそも独立する理由がなくなります。

これが利=メリットです。

それでも独立する人は
トップの考え方が嫌になったとか
人間として嫌いになったとかでしょう

なので、

トップが人柄を磨いたり
みんなでミッションに向かっていったり
人間関係をしっかり作っていく

だから居心地が良い
だから独立する理由がない。

これが情=プラスの感情です。

損得勘定で考えてもここに居た方が良いし
気持ちとしてもここに居たい

とみんなが思ってくれるのであれば
わざわざ独立する人はめったに居ないはずですし

そもそも独立されてもダメージはありません
なぜなら多くの人はついていかないからです。

しかし、コミュニティやチームが崩壊する
もっと恐ろしいことがあります。

よその教祖的な組織が入ってきて
自分の元にいる人たちをこっそり勧誘し
ごっそり取っていってしまうことです。

しかもその教祖的な組織が
「あいつはあなたたちを利用している悪魔だ」
とあなたのチームメンバーに吹聴し

いっきに離反をさせたりします。

しかも、信頼していたメンバーが
それをやっていたりすると
あなたの精神的ダメージは計り知れません。

ま、これは昔
僕がやられたことがあるんですよねw

あまりのストレスに全身蕁麻疹ができましたが

こんなことでダメになるのは悔しい
こんなことがあったからこそ
今があるんだ!と、数年後に言おう!
と決心をして頑張りました。

まあ、そんなことがあったからこそ
今の僕がありますw

実は僕の運営するセラピー協会
ハーリーティーフーラ協会は

よその協会に入っても全然いいし
しつこい営業や強い営業はダメだけど
うちの人をよその協会に誘ってもオーケーですし

なんなら他のセラピーと積極的に組み合わせて
うちのセラピーだけが最高!とかは思わず
色々取り入れたり、色々やってください!
…と僕が推奨しています。

まあそれで実際に
みんな色々やっているし
他のセラピー協会でも活動してる人も多いし
まあ賑やかです。

これを聞くと
「え?大丈夫なんですか?」
と思われるかも知れません

実は、こうしたほうが
もし、やばい教祖的な組織がやってきた時に
安全なんです…!

なぜなら

じゃあ仮に
僕がうちの協会のセラピストさんたちを
ルールで束縛して
自分の元から離れないように囲ったとします。

すると
うちの認定セラピストさんたちは

うちのセラピーだけが最高で
他を否定しはじめます。

そしてうちのセラピーしか使わず
うちのセラピーだけで活動します。

まあかなり教祖的な組織になりますね。

奪われることに恐怖を感じているトップほど
こういう教祖的な組織を作ります。

しかし

もしほかの教祖的な組織がこっそり内部に入って
「ここは本当はろくでもない!」
と吹聴しながら1人1人取っていき
ウイルスのように広まったら?

こういう教祖的な組織はマイナスに働くと
あっという間に総崩れになります。

実際に、トップがメンバーたちを縛りたがる
教祖的で閉鎖的な組織ほど
崩壊することが多いですよね。

でも逆に…

うちみたいに
メンバーそれぞれが他のセラピーもやっていたり
他の協会にも在籍していたりすると

いろんな協会の人
いろんなセラピーの人がいるので

仮に教祖的な組織がうちに入ってきても
まあ何名かは取られるかもしれませんが
総崩れになることはまずありません。

なぜならみんなそれぞれ
異なる考え方や信仰みたいなものを
持っているからです。

だから実は、下手に囲い込もうとするより
最初っからコントロールを手放し多様性を許して
皆さん好き勝手に色んなことしててください

と言っていたほうが強い組織になるんです。

昔、長崎のある有名な農家さんのHPを
作りに行ったことがあるのですが

その時その方はこう教えてくれました。

畑の土を殺菌してしまうと
逆にやばい病気が蔓延して野菜が全滅する

でも最初から色々な菌がいれば
やばい病気はそれほど広がらない。

だから土の菌づくりが大事。

まさに組織と同じではないでしょうか?
(別に人間を菌扱いするわけじゃないですw)

人間の腸だって
善玉菌しかいなかったら逆に弱くなるし
悪玉菌や日和見菌がいるからこそ
腸内フローラのバランスが保たれて
健康になるわけですよね。

すべては同じ法則です。

これからのビジネスは

コミュニティが大事になります。
コミュニティが素晴らしいから人が集まります。

もうノウハウやメリットだけでは
お客さんは集まりにくい時代なんです。
だからこそ
コミュニティやチーム、組織の治世が大事

それは
人を縛ったり囲い込もうとする
コントロールする気持ちを手放し

利と情で居てもらいやすくして

なおかつ、多様性があるようにしておけば

まあゆるっといい感じに治世ができるんです。

もうコントロールして治世をする時代じゃないです

だからトップにゆるさがあるコミュニティほど
繁栄する時代なんですなー

関連記事

  1. すべては自ら選択している。

  2. 信用が大事

  3. インスタ1000人くらいで伸び悩む優等生たち

  4. 戦前の日本にいた天才とは?

  5. 長くやるつもりになるとすべてが好転する

  6. 自分のすごさ、わかりますか?

  7. 貧しくなる人はご縁を構築しない。

  8. 選ばれる起業家は関わる人の幅が広い