雑記

ブランディングにはハイブランドより…

僕の愛用の時計はSEIKOです。

理由があって

ブランドは自分の印象を作るからです。

よく、ブランドを高めたいなら
ハイブランドを身につけましょうと
言われますが

ただでさえ起業コンサルってだけで怪しいのに
ハイブランドなんてつけたら
怪しさが加速するだろwww

って思うんすよね。

だからハイブランドで憧れを作って
商品を販売するみたいな戦略じゃない限り
ハイブランドってあんまり
プラスのイメージにはならなかったりします。

SEIKOの印象ってどうですか?

・信頼できる
・正確
・壊れない
・日本産
・安心
・地に足がついている
・実直

ってイメージですよね。

もし、SEIKOに成金のイメージがあるなら
それはあなたの認知能力がおかしいです。

SEIKOをつけてるってだけで
見栄を張るより信頼と安心を選ぶ
日本のメーカーを大切にしている人

ってイメージになりますよね。

実は実際にあった出来事が

代々ホテルと医療法人を
いくつも経営している社長にお会いした時に

すごい実直な社長さんだったんですが
その方、SEIKOの時計をつけてたんですよね

高いグランドセイコーとかでもなくて
多分2万円くらいの普通のSEIKOの時計

その時

「ああ、まともな社長さんだ」

って思ったんですよね。
ギラギラした成金とかじゃなくて
本当に本物の日本の社長さんだなあって。

実はその時、僕はハイブランドとか買って
ちょっと調子に乗ってた時期だったんですが

その次の日には
SEIKOを楽天でポチッたよねw

成金的な人たちは
高級車を乗り回しているけど

大企業のまともな社長は
TOYOTAとか三菱に乗ってたりするわけで

なんか地に足がついていて
本物だなーって思うんすよね。

別にハイブランドや高級車を
否定するわけじゃなくて
それはそれで良いものだと思うんですが

やっぱり地に足の付いた社長って
好きだなーーーーー
って思うのです。

ブランドはあなたのイメージを作る
だから単にハイブランド!だけじゃなくて
色々な選択肢の中から
作りたいイメージを作ると良くて

例えば財布なら
有名ハイブランドも良いけど

皇室御用達でもある濱野皮革工藝の財布なら
気品と品格のある印象だし

COCOMEISTERだと
皮マニアなのかなwとか

それぞれのイメージがあって
自分が作りたいイメージで考えると
正確なブランディングができますよね

関連記事

  1. 太い幹の作り方

  2. 気が弱いとはどういうことか

  3. 自分をいじめるのはそろそろ終わろう?

  4. 彼ピとラブラブ

  5. お金を頂いてビジネスでやる意味

  6. 潜在意識や引き寄せの落とし穴

  7. 幸せなお金持ちになる秘密は全体感

  8. 教養