起業

一発屋で終わらないためには。

うっす古田です。
 
起業の世界って、一発屋で終わってしまう人が多いってご存知ですか?

今、あなたの周りにいる
なんかキラキラしてて目立ってて売れてる人たち…

のうち8割は2年後にはいない可能性が高いです。

今日は

・なぜ一発屋で終わるのか?
・一発屋で終わらないためにはどうすればいいのか?

を解説します、この記事を読まなければ起業の世界で生き残る方法が分からないので
今これを読んでいるのは非常に幸運だと思います。

僕はコンサル起業をして6年目に入りますが、
そりゃもう数多(あまた)の人が一発で終わっていったのを何度も見てきました。

名前も思い出せない人が多数ですが
まさに漫画のこういうシーンみたいな感じです。

※北斗の拳

ここで「いやいや、古田さん。一発屋で終わらない方法を知ってるなら…その人達に教えてあげれば良かったじゃないですか!」
って突っ込まれそうですが

一発屋で終わる人というのは、
盛り上がって売れている最中はめちゃくちゃ調子に乗っておりますので。

忠告(アドバイス)なんて余計なお世話を焼こうものなら、ふつーに拒絶されて終わりますし

なんならイラッとされたり恨まれたりしかねないので、基本的には黙ってみています、生暖かい目で。

そういうものなんですよ、うまくいってる時って人の忠告は耳に入らないんです。

なぜ、一発屋で終わるのでしょうか?

だいたい流れって決まってるんですよね。

まず、月商7桁くらいになって売れ始めると
なんか盛り上がります。

ちょっと目立ったりします。

目立って売れてる人に人が集まるし
売れ始めって結構注目されやすいし
「私も売れっ子になりたい!」って人たちも寄ってくるので

お客さんが集まりやすくなります。

売れるから→さらに目立って売れる

の好循環が生まれます。

ここで怖いのは、SNSってラッキーで実力以上に売れることが割とあることです。

この好循環に入るといわゆる【目立つ売れっ子】みたいになるんですが
実はこれ、長く続きません。

なぜなら売れている状態が当たり前になるとそこまで注目されなくなるからです。

起業初心者が「月商7桁いきました!」って言えば注目されるし盛り上がりますが
僕が今さら「月商7桁いきました!」って叫んだところで「まあそうでしょうねえ」って思われておしまいですよね。

つまり、人は慣れていきます。

なので、盛り上がりがなくなります。

本人はどこまでもステージが上がってどこまでも盛り上がると思い込んでいるので
このあたりで「あれ?」って感じで、ちょっと違和感が出てきます。

そもそも売れた理由が、うまく時流に乗れただけだったり、紹介が重なっただけだったり、紹介やコラボに依存してるだけだったり、
SNSで実力以上に売れただけだったりすると

すぐに落ちていきます。

消えると言ってもなかなか姿は消しません、
売上が落ちた状態で、なんとなーく発信を続ける人が大半です。

で、そのうち発信が止まったり、地味に発信をする感じに落ち着きます。

ラッキーで売れてしまった人に「それ、一時的にラッキーなだけですよ」と忠告したところで
「私の引き寄せパワーでラッキーを引き寄せてる!私は最高!」とか思ってたりするので通用しません。

でもそういうラッキーって長く続かないんですよ。

どんなに引き寄せようとしても、パワーストーンで武装しても
ラッキーだけで中身がないのは続きません、それが宇宙の法則です。

最近で言えば、
ここ数年、FacebookでひたすらコラボLIVEをやったり、お互いの商品を(使ったこともないのに)紹介し合ったりして
売上を上げている人たちがいて、

その中で目立ってる人やリーダー的な人は結構、売上を上げていたようですが

Facebookの仕組みが変わって、LIVEの通知がいかなくなったりして
売上が落ちているようです。

こういう、紹介させ合うとか、ひとつのやり方(この場合はFacebookでのコラボライブ)に依存していると

プラットフォームの仕組みが変わるだけで売上が落ちたりします。

こういうのよくあるんですよ。

アメブロで集客してたアメブロの女王的な人が
アメブロの仕組みが変わって集客できなくなったりとか…

こういう地殻変動にやられるリスクって常にあるので
「私は絶対大丈夫!」っておごりをもっていると簡単にやられるんですよね。

でも、精神的に未熟な人ほど売れると調子に乗って
周りが見えなくなるし、忠告が耳に入らなくなります。

「私はステージが上がったから大丈夫!」
「これが私の本当の実力!」

的な感じで思っているのです。

そこをいくとうちの生徒さんたちは
月商7桁を超えても、良い意味で変わらない人が多いです。

調子乗ったり、行動を変えたりしません。

精神的に大人な人が多いから。

では、一発屋で終わらないためにどうすればいいでしょうか?

一番大事なのは、1つの集客に依存しないことです。

【足場を増やす】イメージで、集客の経路をいくつか持つのが大事なんですよね。

集客の経路を複数作れる時点で、それはラッキーではなく集客の実力もあるってことです。

どこか一つの足場が崩れても、複数あれば消えることはありません。

そしてもうひとつ大事なのが

経営者として成長することです。

目の前の小銭を稼いで調子乗ってるような、商売人未満のマインドから

ビジネスをひとつの事業として考えて、堅実な事業を作っていく経営者マインドに成長することです。

あなたは売れても消えたり、売上が少なくなったりしたいですか?

それとも、右肩上がりで成長し続けたいですか?

 

関連記事

  1. チームの時代

  2. コスパが必要な場所と、不必要な場所

  3. 新時代の起業

  4. 見えない壁がある。

  5. 小さくても長く続く起業家の法則

  6. 長くやるつもりになるとすべてが好転する

  7. なぜ、みんな現実が変わらないのか?

  8. 品格